[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、痛々しい激走二塁打に米実況席は心配 苦笑いの塁上「ちょっとキツそうだ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自打球を右足に当てた直後に二塁打を放った。二塁に到達した後も苦悶の表情を浮かべていたが、米国の実況席でも「ちょっとキツそう。苦笑いを浮かべています」と心配されていた。

二塁到達後も苦悶の表情を浮かべる大谷翔平【写真:ロイター】
二塁到達後も苦悶の表情を浮かべる大谷翔平【写真:ロイター】

ロイヤルズ戦で222勝右腕グリンキーから二塁打

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自打球を右足に当てた直後に二塁打を放った。二塁に到達した後も苦悶の表情を浮かべていたが、米国の実況席でも「ちょっとキツそう。苦笑いを浮かべています」と心配されていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷が顔をゆがめた。3回2死走者なしの第2打席。メジャー通算222勝を誇るグリンキーの対戦で、1ボールからの2球目が自打球になった。右ひざ付近に直撃し、苦悶の表情を浮かべて打席を離れる。ネビン監督代行も心配そうに近寄ったが、プレー続行した。

 痛々しいシーンから1球ボール球を挟み、4球目。ダメージの残る中、右翼線へボールを運んだ。激走し、二塁にスライディング。塁審と顔を見合わせ、苦笑いを浮かべるなどまだ痛みが残っている様子だった。

 米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席では、このシーンに心配する声も上がった。実況のパトリック・オニール氏は「どれだけ走れるのか見てみましょう。二塁に向かっているぞ。ショウヘイ・オオタニは健在だ」と二塁打を伝えた後、「ちょっとキツそうです。自打球後に二塁打。苦笑いを浮かべています。痛そうだ」と大谷の苦悶の表情を表現していた。

 解説のエンゼルスOBマーク・グビザ氏は「16個目の二塁打。長打は38個目です。マジで凄いですね」と称賛。「スライディングしてますよ。走塁には(痛みは)関係ないようです。相手チームはショウヘイと(塁上で)話す機会を得ましたね。エンゼルスの初安打です」と話していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集