[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネイマール、日本でPK獲得も“常習プレー疑惑”に海外ファンは皮肉「もはや芸術的」

海外サッカー、フランス1部「リーグ・アン」のパリ・サンジェルマン(PSG)は、25日にJ1ガンバ大阪との親善試合で6-2と大勝し、日本ツアーを3連勝で締めくくった。プレシーズンでスーパースター軍団が存分に持ち味を発揮したが、ブラジル代表FWネイマールは“常習プレー”も披露。海外ファンからは「救いようがない」といったあきれ声も上がっている。

ネイマール【写真:Getty Images】
ネイマール【写真:Getty Images】

パリ・サンジェルマンとG大阪の親善試合のワンシーン

 海外サッカー、フランス1部「リーグ・アン」のパリ・サンジェルマン(PSG)は、25日にJ1ガンバ大阪との親善試合で6-2と大勝し、日本ツアーを3連勝で締めくくった。プレシーズンでスーパースター軍団が存分に持ち味を発揮したが、ブラジル代表FWネイマールは“常習プレー”も披露。海外ファンからは「救いようがない」といったあきれ声も上がっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

「ジャパンツアー2022」で来日中のPSGは20日にJ1川崎フロンターレに2-1で勝ち、23日のJ1浦和レッズ戦も3-0で快勝。迎えたG大阪とのツアー最終戦はリオネル・メッシ、ネイマール、キリアン・エムバペの「MNM」がそれぞれゴールを奪う揃い踏みで大勝した。

 だが、ネイマールだけは別の部分でも注目を浴びていた。前半30分、ペナルティーエリア左にドリブルで侵入したネイマールは、1対1となったDF三浦玄太を縦への突破から切り返したところでスライディングを受けて転倒。主審は三浦のファウルと判定してPKを与えたが、このアクションに海外ファンから疑問の声が上がっている。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」のサッカー専門ツイッター「C/Rフットボール」は「日本で行われたプレシーズンマッチでのネイマール」と題して、転倒した際のネイマールの映像を公開。その中でネイマールはかすかに三浦と接触したようだが、最後に倒れた場面では三浦が足を引いているにもかかわらず、ダイブしているようにも見える。

 ネイマールは転倒後、右足首を抑えながら苦悶の表情。しかし、海外ファンの目は厳しく「恥ずかしい」「笑っちゃう」「この男ったら」「気分は良くない」などとコメントが集まった。多くの試合で見せられているネイマールの“ダイブ”だけに「冗談だろ」「救いようがない」「もはや芸術的」と皮肉混じりのコメントも寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集