[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【世界陸上】田中希実のファンを想う行動 雨上がりの広島、凍える少年たちに贈った1枚のカード

オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、10日間の熱戦に幕を閉じた。22歳の田中希実(豊田自動織機)は日本人初の個人3種目に出場。満足できるタイム、順位を得られず大粒の涙を流したが、世界への挑戦を続ける姿は日本のファンの胸を打った。これまでコロナ禍でもファンを楽しませようと試行錯誤。4月の国内レースで取った一つの対応が少年たちを喜ばせていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

田中希実がファンサービスの一環で配るサインカード(2022年版・表面)【写真:浜田洋平】
田中希実がファンサービスの一環で配るサインカード(2022年版・表面)【写真:浜田洋平】

田中希実が国内で行うファンサービスとは

 オレゴン世界陸上は24日(日本時間25日)、10日間の熱戦に幕を閉じた。22歳の田中希実(豊田自動織機)は日本人初の個人3種目に出場。満足できるタイム、順位を得られず大粒の涙を流したが、世界への挑戦を続ける姿は日本のファンの胸を打った。これまでコロナ禍でもファンを楽しませようと試行錯誤。4月の国内レースで取った一つの対応が少年たちを喜ばせていた。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 ファンを想った行動だった。4月の織田記念国際(広島)。田中はサブトラックでウォーミングアップをしていた。太陽はどんよりとした雲に隠れ、雨上がりの夕方は気温15度ほどの寒さに。見守るファンの中に3人組の小学生がいた。薄着の少年たちは肩を寄せ合い、少し凍えている。

 アップも終盤に差し掛かった田中。すると、チームスタッフが少年たちのもとに歩み寄り、何かを配っていた。田中の顔写真に加え、裏面には「のん」という可愛らしいサインと「一志走伝」の座右の銘がプリントされたカード。工夫の凝らした名刺サイズの1枚を少年たちは嬉しそうに受け取った。

 東京五輪1500メートルで日本人初の8位入賞。ファンが急増した。しかし、コロナ禍で直接的なファンサービスができず、「何かできないか」と本人の希望もあってカードを作った。年によってデザインが異なる非売品のレアグッズ。主に子どもたちを対象にプレゼントしているという。

 ウォーミングアップを終えてメインスタジアムへ向かう途中、幼児を抱いたお父さんの自撮りに合わせて立ち止まり、笑顔で対応した。

「今日もアップの時からいろんな方が見守ってくださった。ちょっとプレッシャーもあるにはあるんですけど、嬉しい気持ちもあります。その時々の自分の状態によって受け止め方が変わってきますが、今日はプレッシャーよりちょっと気持ちが上がるような感じでプラスに働きました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集