[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、悶絶直後に放った“手負いの二塁打”に米記者驚愕「痛そうに走っていた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自打球を右足に当てた直後に二塁打を放った。二塁に到達した後も苦悶の表情を浮かべていたが、米記者は「尋常じゃない」「痛そうに走っていた」と驚いている。

自打球後に二塁打を放った大谷翔平。苦悶の表情を浮かべていた【写真:ロイター】
自打球後に二塁打を放った大谷翔平。苦悶の表情を浮かべていた【写真:ロイター】

ロイヤルズ戦に「1番・DH」で出場

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席で、自打球を右足に当てた直後に二塁打を放った。二塁に到達した後も苦悶の表情を浮かべていたが、米記者は「尋常じゃない」「痛そうに走っていた」と驚いている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 痛みをこらえて長打を放った。大谷はメジャー通算222勝を誇るグリンキーと対戦。3回2死走者なしで迎えた第2打席で、1ボールからの2球目が自打球になった。右ひざ付近に直撃し、苦悶の表情を浮かべて打席を離れる。ネビン監督代行も心配そうに近寄ったが、プレー続行した。

 1球ボール球を挟み、4球目の低めのボールを右翼線へ。顔をゆがめながら激走し、二塁に達したが、まだ痛そうな素振りを見せていた。このシーンにツイッター上の米記者も続々と反応。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「オオタニは足で二塁打をもぎ取る。大丈夫そうだ。多分。エンゼルス初安打」と記した。

 米国ミズーリ州地元放送局「KOZL-TV」のレポーター、ダン・リンドブラッド氏は「オオタニは自打球を脚に受けたが、その後二塁打を放った。尋常じゃない」と驚いた様子。MLB公式サイトのエンゼルス番レット・ボリンジャー記者は「二塁打を放ったが、痛そうにしながら走っていた」と大谷の姿を伝えた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集