[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

借金16エンゼルス 貧打&拙守に米記者も嘆き「アグリーゲーム」「見てきた中で最悪」

米大リーグ・エンゼルスは25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に0-7で敗れた。先発ノア・シンダーガード投手が試合を作るも、7回には拙守もあり、4点を奪われた。攻撃陣も得点を奪えず、米記者は「私が見てきた中で最悪の状況です」「アグリーゲーム(醜い試合)」と嘆きの声をあげた。

「1番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
「1番・DH」で出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ロイヤルズに0-7で敗北、大谷は打撲で明日検査か

 米大リーグ・エンゼルスは25日(日本時間26日)、敵地ロイヤルズ戦に0-7で敗れた。先発ノア・シンダーガード投手が試合を作るも、7回には拙守もあり、4点を奪われた。攻撃陣も得点を奪えず、米記者は「私が見てきた中で最悪の状況です」「アグリーゲーム(醜い試合)」と嘆きの声をあげた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 投打に精彩を欠いた。先発シンダーガードは6回途中6安打1失点とゲームを作って降板。7回先頭の打球に左翼手アデルが飛びつくも、グラブに当てながら捕球できず。二塁打でチャンスを作られると、続く打者ベニンテンディのバントを2番手ループが捕球できない。その後1死一、三塁となると、今度は3番手テペラが2連続暴投で1点を献上。その後も失点を食い止められなかった。

 野手陣は5安打を放つも無得点。「1番・DH」で出場した大谷翔平は3回に自打球を受け、痛みを抱えながらも直後に二塁打。しかし、5回1死満塁のチャンスでは一ゴロに倒れた。

 この敗北で借金16となり、1か月ぶりの連勝はならなかったエンゼルス。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者はツイッターで「このイニングは容赦なく終了。守備、そして投手も悪かった」と7回終了後に投稿し、試合後には「アグリーゲーム(醜い試合)。トレード期限が近づいているシンダーガードは良い投球だった」と投稿した。

「エンゼルスは5月25日から酷い状況だ。他に言いようがない。開幕44試合は良かったことを考えると本当に酷い」と、球団ワーストの14連敗が始まった時からの惨劇を嘆いている。フォロワーから「あなたが今まで見てきたMLBチームの中で最も酷いですか?(良い選手がいるのに、という観点から)」と尋ねられると、「はい。私が見てきた中で最悪の状況です」と断言していた。

 米カリフォルニア州地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者のツイッターによると、ネビン監督代行は試合後、大谷が右足打撲を負ったことを明かしたという。大谷本人は大丈夫と話しているものの、明日午前中に検査を受けるとも記している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集