[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、意外な相手からかっ飛ばした7号2ランに米ファン興奮「セイヤー、レイター」

米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が22日(日本時間23日)、フィリーズ戦に「3番・右翼」で出場。大量リードの9回、相手は野手が登板した状況で7号2ランを放った。中越えに放った一発をカブスが動画で公開。「ビックショット」「彼は戻ってきた」と米ファンの反響が集まっている。

フィリーズ戦で7号2ランを放った鈴木誠也【写真:Getty Images】
フィリーズ戦で7号2ランを放った鈴木誠也【写真:Getty Images】

フィリーズ戦で捕手から本塁打

 米大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手が22日(日本時間23日)、フィリーズ戦に「3番・右翼」で出場。大量リードの9回、相手は野手が登板した状況で7号2ランを放った。中越えに放った一発をカブスが動画で公開。「ビックショット」「彼は戻ってきた」と米ファンの反響が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 後半戦最初の一発は、意外な相手から放った。13-1と大量リードで迎えた9回1死二塁の第6打席。フィリーズはこの回、捕手のギャレット・スタッブスをマウンドにあげていた。カウント1-1からの3球目、80マイル(約128.7キロ)の投球をはじき返すと、打球は中越えの7号2ランとなった。

 実際の映像をカブス公式ツイッターは「セイヤの今季7号本塁打」と文面で伝えて投稿。この日これで5打数4安打2打点1四球となり、米ファンからは「5打数4安打か。彼は戻ってきた」「スズキのビックショット」「セイヤー、レイター」「セイヤ!」「これを必要としていた」などとコメントが集まっていた。試合はカブスが15-2で勝利している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集