[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平登板の裏で…Rソックス5回25失点に衝撃の声「何が起きた?」「まだ5回で…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げてはメジャーで自己最速となる101.2マイル(約162.9キロ)を計測するなど、5回まで無失点に抑えた。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの年間2桁勝利&2桁本塁打となる注目の一戦。その裏で、レッドソックスがブルージェイズ相手に5回までに衝撃の25失点。米ファンからは「何が起きた?」「まだ5回で?」と驚きの声が上がっていた。

先発のイオバルディは3回途中9失点で交代【写真:ロイター】
先発のイオバルディは3回途中9失点で交代【写真:ロイター】

エンゼルス戦注目の中…Rソックスが28失点で大敗

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、敵地ブレーブス戦に「1番・投手兼DH」で先発出場。投げてはメジャーで自己最速となる101.2マイル(約162.9キロ)を計測するなど、5回まで無失点に抑えた。勝てば1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの年間2桁勝利&2桁本塁打となる注目の一戦。その裏で、レッドソックスがブルージェイズ相手に5回までに衝撃の25失点。米ファンからは「何が起きた?」「まだ5回で?」と驚きの声が上がっていた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷が大注目のブレーブス戦のマウンドに上がっている時、別の球場ではレッドソックスが5回までに25失点を喫するまさかの試合展開となっていた。先発イオバルディがブルージェイズ打線につかまり、3回途中8安打9失点で降板。後を受けた投手も失点を防げず、5回にはこのイニングだけで10安打を浴びて11点を奪われた。

 5回終了時点で被安打22、失点25とまさかの大量リードを許す展開に。MLB公式ツイッターは「ブルージェイズは25得点。球団記録となった!」と伝えた。米ファンも仰天しているようで「フットボールの試合?」「何が起きた?」「ボストンは試合を終わらせたくないようだ」「まだ5回で?」「選手の年齢を上回りそう」「何を目指しているのだろうか」「狂気だ」などとコメントが集まっていた。

試合はその後、ブルージェイズが28得点まで伸ばして28-5で勝利。なおレッドソックスの澤村拓一は6番手で登板し、1回無安打無失点に抑えた。一方、大谷はブレーブス相手に6回まで無失点11奪三振と力投していたが、7回に2本塁打を浴びて6失点で降板。エンゼルスも1-8で敗れ、大谷の偉業は次回に持ち越しとなった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集