[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「いま出せる力は出せた」 初出場で200m準決進出した上山紘輝、6着敗退で力の差痛感【世界陸上】

オレゴン世界陸上は19日(日本時間20日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第5日が行われた。男子200メートル準決勝では、3大会連続4度目の出場となった31歳・飯塚翔太(ミズノ)は20秒77(向かい風0.1メートル)の1組7着。初出場の23歳・上山紘輝(住友電工)が20秒48(追い風0.3メートル)の3組6着だった。日本人3人目の決勝進出はならなかった。

世界陸上、男子200メートルで出場した上山紘輝【写真:ロイター】
世界陸上、男子200メートルで出場した上山紘輝【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は19日(日本時間20日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第5日が行われた。男子200メートル準決勝では、3大会連続4度目の出場となった31歳・飯塚翔太(ミズノ)は20秒77(向かい風0.1メートル)の1組7着。初出場の23歳・上山紘輝(住友電工)が20秒48(追い風0.3メートル)の3組6着だった。日本人3人目の決勝進出はならなかった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 上山は攻めきれなかった。予選は自己ベスト20秒26(追い風1.0メートル)の1組2着。同様に攻めの走りを目指したが、及ばず。「いま出せる力は出せた」と及第点を与えた一方、「予選並みに勝負をしに行ったけど、周りも1段階上げてきていた。どんなに頑張っても置いていかれる。力の差を感じた」と唇を噛んだ。

 世界との差を特に痛感したのは、余力があるか否か。予選で自己ベストを出したが、「疲れが多少あった。20秒20台で走れる力があることはわかったけど、もっと余裕を持っていかないと。準決勝、決勝と力を溜めておかないといけない。もう1段階、2段階上げる力が必要」と課題を列挙。過去の日本人決勝進出者は2003年パリ大会銅メダルの末続慎吾、17年ロンドン大会7位のサニブラウン・ハキームの2人だけだった。

「いい経験になったではなく、準決勝、決勝を目指しますと言い切れるようになって来年、再来年、戻って来られるように頑張ります」

 出場予定だった小池祐貴(住友電工)は、新型コロナウイルス陽性で18日(同19日)の予選直前に欠場が発表されていた。小池は22日(同23日)の男子4×100メートルリレーにも出られない。メンバー入りしている上山は「小池さんのアクシデントもあってどうなるかわからないけど、任されたところを走って日本の力になれれば」と活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集