[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「飛行機がなければ走ってでも行く」 急遽代表入りの飯塚翔太、3度目の200m準決で7着【世界陸上】

オレゴン世界陸上は19日(日本時間20日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第5日が行われた。男子200メートル準決勝では、3大会連続4度目の出場となった31歳・飯塚翔太(ミズノ)は20秒77(向かい風0.1メートル)の1組7着。初出場の23歳・上山紘輝(住友電工)が20秒48(追い風0.3メートル)の3組6着だった。日本人3人目の決勝進出はならなかった。

世界陸上、男子200メートルで出場した飯塚翔太【写真:ロイター】
世界陸上、男子200メートルで出場した飯塚翔太【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は19日(日本時間20日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第5日が行われた。男子200メートル準決勝では、3大会連続4度目の出場となった31歳・飯塚翔太(ミズノ)は20秒77(向かい風0.1メートル)の1組7着。初出場の23歳・上山紘輝(住友電工)が20秒48(追い風0.3メートル)の3組6着だった。日本人3人目の決勝進出はならなかった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 飯塚は本場の空気を噛み締めた。17年ドーハ大会以来3度目の200メートル準決勝。この組3番手のリアクションタイム0秒129で飛び出した。コーナーでやや体が振られつつ、歓声の中を駆け抜けた。「自分の中ではうまく行けました。出し切れた感じはあります。雰囲気は最高。米国独特の声援を近いところで感じられた」と充実感を漂わせた。

 7日に追加代表として発表されたばかり。100メートルで出場する8月の大会を見据え、長い距離の練習はしていなかった。急遽、世界陸上を迎えたが「いつ言われても行くつもりだった。飛行機がないなら走ってでも行くくらいの気持ち。いつでも行く気持ちが大事」と大歓迎。「この舞台の緊張感でアドレナリンが出ながら走るのは、選手として幸せ」と喜んだ。

 過去の日本人決勝進出者は2003年パリ大会銅メダルの末続慎吾、17年ロンドン大会7位のサニブラウン・ハキームの2人だけ。出場予定だった小池祐貴(住友電工)は、新型コロナウイルス陽性で18日(同19日)の予選直前に欠場が発表されていた。飯塚は「小池君が不本意なことになった。チームJapanのためというのはおこがましいかもしれないけど、恥じない走りをしたかった。全力でした」と強い気持ちで臨んでいた。

 来年8月にはブダペスト世界陸上、24年にはパリ五輪がある。「また出たい」。31歳のベテランは気持ちを切らさず走り抜く。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集