[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本人初メダル期待のやり投げ北口榛花、目標は入賞「周りは高い目標を言うけど…」【世界陸上】

オレゴン世界陸上の女子やり投げに出場する24歳・北口榛花(JAL)が19日(日本時間20日)、予選を翌日に控えてオンラインで会見した。66メートル00の日本記録を持つ24歳。周囲からメダル獲得を期待される中、「入賞」を目標に掲げた。

女子やり投げの北口榛花【写真:Getty Images】
女子やり投げの北口榛花【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上の女子やり投げに出場する24歳・北口榛花(JAL)が19日(日本時間20日)、予選を翌日に控えてオンラインで会見した。66メートル00の日本記録を持つ24歳。周囲からメダル獲得を期待される中、「入賞」を目標に掲げた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 オンライン画面に登場した北口は、持ち前の笑顔で語った。「昨日までは緊張感はあまりなかったけど、今日起きてから結構緊張しています」。前回2019年ドーハ大会で13位。五輪を含め、投てき種目でメダル獲得なら日本女子初だが、「今大会はずっと入賞を目標にやってきたので、周りの方々はメダルとか凄く高い目標を言ってくださるけど、自分の中では淡々と入賞を目標にやっていきたい」と明かした。

 高い期待を受ける背景は、6月にダイヤモンド・リーグ(パリ)で日本人初優勝を飾ったことにある。2010年に始まった世界最高峰シリーズの賞金大会。出場するだけでも簡単ではなく、年間でトップ選手が多く集う舞台だ。北口はここで快挙を遂げたが、いたって冷静だった。

「自分の中ではシーズンの中の一つの試合と捉えていて、まさか勝てると思っていなかった。嬉しい気持ちはあったけど、特にはしゃぐような喜びもなかった。(今大会の)選手村に入って、やり投げ関係の選手は必ず挨拶してくれて少しの変化はあります。周りの変化はあったけど、ダイヤモンドリーグはこれからも続くので、あくまでも一つの試合。何も凄いことをしていないので、世界的にはチャレンジャーだと思って臨みます」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集