[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

110m障害日本記録保持者・泉谷駿介、準決敗退で世界の壁に愕然「勝てる気しない」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害準決勝では、日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)が13秒42(追い風0.3メートル)の2組5着。五輪&世界陸上で日本人初の決勝進出を逃した。

世界陸上、男子110メートル障害に出場した泉谷駿介【写真:Getty Images】
世界陸上、男子110メートル障害に出場した泉谷駿介【写真:Getty Images】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害準決勝では、日本記録保持者・泉谷駿介(住友電工)が13秒42(追い風0.3メートル)の2組5着。五輪&世界陸上で日本人初の決勝進出を逃した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 日本記録保持者の自信が打ち砕かれた。泉谷は悪くないスタートだったが、中盤以降は粘り切れず。3組目を残しながらも、決勝にタイムで拾われる位置に届かなかった。レース後は「勝てる気がしない」と吐露。「ハードルは難しい。身長もないし、難しい」と喪失感を滲ませ、「種目を変えるのもあり。身長からして勝てる気がしない」と苦笑いしながらも打ちひしがれた様子だった。

「(レース前から)他の選手を見て腰の位置が高いなと。ハードルも跳べる。自分は小さいのでどうしようもないですけど。その時点で不安があった。みんな190センチとかあるので(自分は)その中でどうやってできるのか。腰の高さからして違う。勝てる気がしない。何をすればいいのか……。しっかり冬季練習を積んでもここまで圧倒的な差を見せられるので……」

 22歳の泉谷は昨年日本選手権で13秒06の日本記録をマーク。東京五輪は準決勝で敗退したが、日本勢初の決勝まで0秒03の13秒35だった。この春、順大から住友電工入り。2大会連続の世界陸上となり、16日(同17日)の予選は13秒56(追い風0.4メートル)の組3着で通過していた。

 初出場で準決勝に進出した22歳の石川周平(富士通)は、13秒68(向かい風0.6メートル)の1組8着。決勝進出はならなかった。日本勢のスプリント種目では、男子100メートルのサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)が16日(同17日)に日本人では同種目世陸初の決勝に進出。快挙を達成し、7位だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集