[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

0.001秒差で決勝フライング失格の米選手 判定に不満露わ「号砲聞くまで反応してない」【世界陸上】

オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害決勝はグラント・ホロウェイ(米国)が抜群のスタートから一気に駆け抜け、13秒03(追い風1.2メートル)で連覇を達成した一方で、地元のデボン・アレン(米国)は1000分の1秒のリアクションタイムに泣き、フライング失格に。本人は「号砲を聞くまで反応していないのは事実だ」と不満を露わにし、自身の正当性を主張している。

世界陸上、男子110メートル障害のデボン・アレン【写真:ロイター】
世界陸上、男子110メートル障害のデボン・アレン【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上男子110m障害、アレン「1/1000秒速すぎた。これは残念だ」

 オレゴン世界陸上は17日(日本時間18日)、米オレゴン州ユージンで第3日が行われた。男子110メートル障害決勝はグラント・ホロウェイ(米国)が抜群のスタートから一気に駆け抜け、13秒03(追い風1.2メートル)で連覇を達成した一方で、地元のデボン・アレン(米国)は1000分の1秒のリアクションタイムに泣き、フライング失格に。本人は「号砲を聞くまで反応していないのは事実だ」と不満を露わにし、自身の正当性を主張している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 わずか0.001秒だけ速かった。東京五輪王者ハンスル・パーチメント(ジャマイカ)がスタート直前の練習で故障棄権。ざわめく中で迎えたスタートで号砲とともに抜群のスタートを切ったが、フライングを知らせる2度目のピストル音が鳴り響いた。対象となったのはアレン。リアクションタイムは0.099秒で、規定より1000分の1秒反応が速く、フライングとみなされた。

 完璧なスタートと信じて納得のいかないアレンは、計時機械を担当する係員のもとに歩み寄って猛抗議したが納得いかない様子。競技の結果、正式にアレンにフライング失格が告げられると、場内からは大ブーイングが飛んだ。アレンは今年4月にNFLフィラデルフィア・イーグルスと契約したワイドレシーバーで、陸上競技との二刀流選手として全米で大人気。しかもアレンにとってユージンは練習拠点で、今大会はまさに地元開催だった。

 陸上専門ウェブサイト「CITIUS MAG」を立ち上げるなど活躍する米国の陸上ライター、クリス・チャベス氏は自身のツイッターでアレンの取材対応の様子を公開。それによると、本人は「(フライングを知らせる)フラッグを受けたとき、とても驚いた」と語り、「自分が号砲を聞くまで反応していないのは事実として分かっているから、それが不満の一つ。1/1000秒速すぎた。自分が素早いのは知っているけど、これは残念だ」と不満を露わにしていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集