[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子1万m、廣中璃梨佳は日本歴代2位30分39秒71の健闘 12位で入賞逃すも自己ベスト【世界陸上】

オレゴン世界陸上は16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1万メートル決勝では、21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が自己ベスト&日本歴代2位の30分39秒71の12位。初出場で東京五輪7位入賞の種目を戦い抜いた。

オレゴン世界陸上、女子1万メートル決勝で先頭を走る廣中璃梨佳【写真:ロイター】
オレゴン世界陸上、女子1万メートル決勝で先頭を走る廣中璃梨佳【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上

 オレゴン世界陸上は16日(日本時間17日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで第2日が行われた。女子1万メートル決勝では、21歳の廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が自己ベスト&日本歴代2位の30分39秒71の12位。初出場で東京五輪7位入賞の種目を戦い抜いた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 廣中は号砲と同時に前に出た。2周目に先頭に出ると、800メートルを2分29秒13で通過した。19年ドーハ大会&東京五輪女王シフォン・ハッサン(オランダ)は集団後方に位置。廣中を先頭に2000メートルを6分08秒84、5000メートルを15分19秒31で通過した。場内アナウンスでは「Hironaka of Japan」が何度も響く。世界の舞台でレースを牽引した。

 しかし、直後に集団にのみ込まれる。6000メートルまで3番手でくらいついたが、徐々に後退した。ハッサンにも抜かれ、7400メートル地点で10番手。集団に引き離され、入賞圏内から脱落した。

 東京五輪1万メートルで自己ベスト31分00秒71をマークし、7位入賞を果たした。5000メートルは14分52秒84で9位だったが、05年福士加代子の日本記録14分53秒22を16年ぶりに更新。今年5月の日本選手権1万メートルで2連覇し、世界陸上代表に内定していた。今大会は20日(同21日)の5000メートルにも出場する。

 日本人の女子1万メートル入賞は、2013年モスクワ大会で5位だった新谷仁美(積水化学)が最後。1997年アテネ大会で銅メダルの千葉真子が過去最高だった。今大会前までの日本記録は新谷の30分20秒44。廣中と同じく初出場の24歳・五島莉乃(資生堂)は32分8秒68の19位だった。ハッサンは30分10秒56の4位で表彰台を逃した。優勝は30分9秒94のレテセンベト・ギデイ(エチオピア)。

 廣中「自分のペースで最初から積極的に走ろうと考えていた。一歩でも、二歩でも前に行きたかった。まずは自己ベストを出すという気持ちでした。そこは達成できたので自信になった。東京五輪よりは粘ることができたと思います。まだまだ課題はあるけど、一つひとついい経験になった。世界のレースの強さを実感した。5000メートルはスピード勝負。決勝に残るという気持ちでいきたい」

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集