[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平出場試合、まさかの場所で“ザ・キャッチ”誕生に米興奮「この男と契約しろ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発したが、相手左腕クレイトン・カーショー投手の前に無安打に終わり、試合も1-9で敗戦。7回まで完全投球を見せたカーショーだけが際立った一戦の中で地元中継局が注目したのは、意外なところで“好プレー”を見せた男だった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

まさかのところまで飛んできたファウルボールに反応したのは…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地ドジャース戦に「2番・DH」で先発したが、相手左腕クレイトン・カーショー投手の前に無安打に終わり、試合も1-9で敗戦。7回まで完全投球を見せたカーショーだけが際立った一戦の中で地元中継局が注目したのは、意外なところで“好プレー”を見せた男だった。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 昨季MVPの大谷とサイ・ヤング賞3度受賞のカーショーの対決に注目が集まった一戦は、大谷の完敗。第1打席は見逃し三振、第2打席は三ゴロ、第3打席はカーブで空振り三振を喫し、見せ場を作れなかった。カーショー降板後に回ってきた9回の第4打席も三ゴロ。3試合ぶりの無安打に終わった。

 エンゼルスファンにとっては見どころがほとんどなかった試合。しかし、そんな中でも盛り上がったシーンがあった。6回表、ドジャースのオースティン・バーンズ捕手が放ったファウルボールが、エンゼルスタジアムに設けられた中継放送のブースへ。そのボールを元MLB投手で、解説者のマーク・グビザ氏が素手でナイスキャッチ。さすが通算132勝の元プロ選手といったシーンに、ファンから拍手が送られた。

 この動画を米ロサンゼルス地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の公式ツイッターが「解説者と契約しろ!」とのコメントを添えて公開。ファンからは「グビー、右翼を守ってくれ」「この男は幸せだ」「グビーはロースターに入れる」「グビーは健在」などのコメントが寄せられた。5回表に右翼手のジョー・アデル外野手の拙い守備があった直後だけに「右翼に置け」「アデルならキャッチできない」といった辛辣な意見も寄せられていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集