[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、予選9秒98の衝撃 「はい、まだ全然」の即答が抱かせた決勝進出の夢【世界陸上】

オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子100メートル予選に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は、自身3度目の9秒台となる9秒98(向かい風0.3メートル)の7組1着で2大会連続の予選通過。いきなり叩き出した好記録にも、レース後は平然とした様子を貫いた。運命の準決勝と決勝は16日(同17日)に行われる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界陸上男子100メートル予選を突破し、他国選手と健闘を称え合ったサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】
世界陸上男子100メートル予選を突破し、他国選手と健闘を称え合ったサニブラウン・ハキーム【写真:ロイター】

オレゴン世界陸上、男子100m予選でサニブラウンが9秒98

 オレゴン世界陸上が15日(日本時間16日)、米オレゴン州ユージンのヘイワード・フィールドで開幕した。男子100メートル予選に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は、自身3度目の9秒台となる9秒98(向かい風0.3メートル)の7組1着で2大会連続の予選通過。いきなり叩き出した好記録にも、レース後は平然とした様子を貫いた。運命の準決勝と決勝は16日(同17日)に行われる。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 いきなり、だ。サニブラウン、23歳にして4大会連続の世界陸上。ピストル音からスムーズにスタートを切った。徐々に加速し、自己ベスト9秒77のファーディナンド・オムルワ(ケニア)を突き放す。最後は流し気味に組1着でフィニッシュした。全体の上位11人で唯一の向かい風。好条件とは言えない中、6番手のタイムで予選から衝撃を与えた。

「しっかり60メートルくらいまでスッと抜けて、そこからは本当に気持ちよく走れた。とりあえずは、明日に向けていい刺激の入った走りだと思います。9秒9台でも(予選を)落ちるかもしれない。こんなにレベルの高い大会はないんじゃないですかね。もの凄くいい経験。『ここにいたんだよ』じゃなくて、しっかりいい結果を残せればと思います」

 予選から2組のフレッド・カーリー(米国)が9秒79(追い風0.1メートル)を叩き出すなど、ハイレベルな幕開けだった。サニブラウンは「このトラックは速いなっていう感想。後半ピョンピョンしちゃってやべぇなとか思いながら(笑)」と自らを制御。しかし、タイムと感触の差について問われると、「あまりタイムは気にせず走っていたので、とりあえずは『9秒出たんだぁ』くらいの感じ」と軽く振り返った。

 自らに言い聞かせるわけでもなく、虚勢を張る様子もない。日本人の9秒台スプリンターは4人いるが、複数回出したのは自分だけ。心から平然としていた。ここに精神面の成長がある。

 所属するタンブルウィードTCは米フロリダ州が拠点。東京五輪男子200メートル金メダルのアンドレ・ドグラス(カナダ)、この日9秒89(追い風0.6メートル)をマークしたトレイボン・ブロメル(米国)ら世界の猛者がいる。9秒台は“当たり前”の世界。「トップで戦う選手はメンタリティーから違う」。練習でも競えば負けてしまう。劣等感を抱くのが日常であり、周囲の高い意識は何よりの刺激だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集