[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「無回転の衝撃」― “魔球ナックル”に米ファン騒然「なぜ、これが可能なの?」

「無回転の衝撃」― “魔球ナックル”に米ファン騒然「なぜ、これが可能なの?」

米大リーグで、まさに魔球ともいうべき変化球がファンを騒然とさせている。投じたのは、ナックル。捕手も捕れないほどの変化量を見せた1球をMLBがスロー動画付きで公開すると、米ファンは「なぜ、これが可能なんだ?」「ナックルの王様だ」「これはクレイジー」と唖然としている。

スティーブン・ライト【写真:Getty Images】
スティーブン・ライト【写真:Getty Images】

Rソックス右腕ライトが投じた“魔球”のスロー動画が大反響「ナックルの王様だ」

 米大リーグで、まさに魔球ともいうべき変化球がファンを騒然とさせている。投じたのは、ナックル。捕手も捕れないほどの変化量を見せた1球をMLBがスロー動画付きで公開すると、米ファンは「なぜ、これが可能なんだ?」「ナックルの王様だ」「これはクレイジー」と唖然としている。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 これを魔球というべきか。圧巻の1球で脚光を浴びているのは、レッドソックスの右腕、スティーブン・ライトだ。

 5日(日本時間6日)のタイガース戦、5回1死、右打者イグレシアスと対峙した場面だった。カウント2-2で投じたのはナックル。放たれた白球は全くの無回転で、まるで“浮いた”ような軌道を描いた。そして、真ん中高めに届くと思われたボールを打ちごろを踏んで打者は手を出す。しかし、手元で急に意思を示したかのように沈みながら、外角に逃げて行った。

 あまりの変化量にまったく対応できず、あえなく空を切るバット。サインを出していた捕手のバスケスもミットを伸ばし、捕球を試みたが及ばない。ボールを触ることすらできず“空振り”で、後ろに逸らしてしまった。結局、こぼれたボールをすぐに処理して一塁へ送球し、振り逃げは防いだが、ライトが投じた1球は、打者どころか捕手も泣かせる魔球だった。

 MLBは吐き気を催したような顔文字を記し、公式インスタグラムに動画付きで公開。投手の後ろからスローモーションで捉えられた映像では、ボールの縫い目がはっきりと見て取れるほど回転がなく、空気抵抗によってボールが不規則な変化をしていることが見て取れる。驚異のナックルを目の当たりにしたファンもコメント欄で、すぐさま驚きの声を続々と上げた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー