[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太戦に影響も? ゴロフキン、IBF王座を剥奪 “特例”認められず…

村田諒太戦に影響も? ゴロフキン、IBF王座を剥奪 “特例”認められず…

ボクシングの世界ミドル級3団体統一王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が6日、国際ボクシング連盟(IBF)から世界ミドル級王座のタイトルを剥奪された。IBFが発表したもの。

ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
ゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

3団体統一王者GGG、デレフヤンチェンコとの指名試合が実現せず、IBFが決定

 ボクシングの世界ミドル級3団体統一王者、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が6日、国際ボクシング連盟(IBF)から世界ミドル級王座のタイトルを剥奪された。IBFが発表したもの。

【特集】「与えられるものは有限、求めるものは無限」 金メダルの裏にあった“覚悟” / スピードスケート 小平奈緒さんインタビュー(GROWINGへ)

 ゴロフキンは2015年10月に当時のデイビッド・レミュー(カナダ)に8回TKO勝ちを収めて以来、4度防衛し、IBFミドル級の王座に君臨していた。だが、米ニュージャージー州に本部を置くIBFは「ゲンナジー・ゴロフキンの保持していたIBFミドル級タイトルを取り消した」と発表した。

 ゴロフキンはサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)との対戦を計画していたが、アルバレスの薬物違反により中止。5月5日にWBA世界ミドル級12位のバネス・マーティロスヤン(米国)と対戦し、2回TKO勝ちを収めた。IBFは指名挑戦者のセルゲイ・デレフヤンチェンコ(ウクライナ)との対戦を命じていたが、この際は特例で許可していた。

 マーティロスヤン戦を認める代わりに8月3日までにでデレフヤンチェンコとの指名試合を行うことで合意。アルバレスとの再戦交渉を進めていたゴロフキンは5月22日にIBFに再度特例を求めたが、IBFはこれを認めず。タイトル剥奪を決めた。WBA世界ミドル級王者の村田諒太(帝拳)との統一戦の期待も高まっており、実現に影響を及ぼす可能性もありそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー