[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

野球なのに「雷神キックでサードにパス」 大谷翔平同僚、サッカー顔負けの美技が話題

米大リーグ・エンゼルスの試合でサッカー選手顔負けの好プレーが生まれた。華麗な“足技”に現地実況席も「キックでセーブした美技でしたね」と注目。日米ファンからも反響が集まっている。

12日のアストロズ戦で先発したエンゼルスのノア・シンダーガード【写真:ロイター】
12日のアストロズ戦で先発したエンゼルスのノア・シンダーガード【写真:ロイター】

シンダーガードの“足技”に現地実況席も注目「キックでセーブした美技でしたね」

 米大リーグ・エンゼルスの試合でサッカー選手顔負けの好プレーが生まれた。華麗な“足技”に現地実況席も「キックでセーブした美技でしたね」と注目。日米ファンからも反響が集まっている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 12日(日本時間13日)の本拠地アストロズ戦。4回表先頭のジェレミー・ペーニャの打席で、先発投手のノア・シンダーガードを強襲する当たりが飛んだ。打球は左足に当たると、三塁手ジョナサン・ビラーへの真正面のゴロに。そのまま一塁に送球し、間一髪でアウトにした。

 偶然かもしないがシンダーガードによる“好パス”に、試合を中継した米カリフォルニア州地元局「バリー・スポーツ・ウェスト」の実況席も注目。エンゼルスOBの解説マーク・グビザ氏は「キックでセーブした美技でしたね」と称賛し、「シューズの底に当たったようなので、彼は大丈夫でしょう」と話した。

 同公式ツイッターも実際の映像を公開。米ファンから「スーパーヒーローだ!」とコメントが寄せられると、日本人ファンからも「流れよ、こい」「足でセーブ」「雷神キックでサードにパス」と反響の声が集まった。

 美技を見せたシンダーガードだったが、4回3失点で降板。勝ち負けはつかなかった。「3番・DH」で先発出場した大谷翔平投手は2打数無安打2四球でチームは5-6で競り負け、5連敗となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集