[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キャプテン翼ばり“顔面ブロック”の京都GK 痛さの裏に楢﨑正剛が見た「職業GK」の本能

スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は2022シーズンのJ1リーグ、6月の「月間ベストセーブ」に京都サンガF.C.のGK上福元直人の体を張ったセーブを選出した。どんなシーンに楢﨑氏の目が光ったのか。(取材・文=藤井 雅彦)

鹿島戦で体を張った京都サンガF.C.のGK上福元直人【写真:Getty Images】
鹿島戦で体を張った京都サンガF.C.のGK上福元直人【写真:Getty Images】

【DAZN月間表彰】6月は京都GK上福元直人を選出「コースにしっかり体を入れて結果的に顔面に」

 スポーツチャンネル「DAZN」とパートナーメディアで構成される「DAZN Jリーグ推進委員会」との連動企画で、元日本代表GKとして活躍した楢﨑正剛氏は2022シーズンのJ1リーグ、6月の「月間ベストセーブ」に京都サンガF.C.のGK上福元直人の体を張ったセーブを選出した。どんなシーンに楢﨑氏の目が光ったのか。(取材・文=藤井 雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 元日本代表GK楢﨑正剛氏が6月の月間ベストセーブに選んだのは、キャッチでもパンチングでもなかった。漫画「キャプテン翼」に登場する“石崎くん”の十八番「顔面ブロック」だ。

 6月18日に行われた明治安田生命J1リーグ第17節京都サンガF.C.対鹿島アントラーズの一戦から。前半43分、京都は中盤でボールを奪われ、自陣に戻りながらの難しい対応を余儀なくされる。すると相手のラストパスに対してDFが足を滑らせてクリアミス。GK上福元直人はFW上田綺世と1対1の場面を強いられたが、体全体を使ってシュートをブロックした。

 最初に楢﨑氏が着目したのは、GKとしてのメンタルと準備の部分だ。

「このシーンはマイボールのスローインから始まりました。ハーフウェーラインの少し手前でしたが、チームとしてはこれから攻撃するために前へ出ようという位置です。それが相手のプレスバックによってボールを奪われ、不意な形で守備をスタートしなければいけなくなりました。そういった場面ではGKに限らず、守備者は慌ててしまいがちです」

 実際にDFのクリアミスというアクシデントが起こった。さらにボールの先にはリーグ屈指のストライカーである上田が待っている。絶体絶命のピンチに、上福元はどのように対峙したのか。楢﨑氏が心理状態を読み解いた。

「ディフェンスラインの背後に出されたボールに対して味方DFが処理できないことは、GKなら最悪の事態として常に想定できずとも、プレーを瞬時に修正する必要があります。上田選手の位置も視界に入っていたはずで、距離や位置関係を考えるとシュートが飛んでくる可能性が高い。だから上福元選手はすぐにシュートに対応するポジションを取りました。

 両足を付けている体勢はシュートストップの基本ですし、この距離であれば体を大きく見せるようなアプローチも重要。彼自身はゴールライン上で守るよりも前へ出てボールにアプローチするのが得意なGKだと思います。少しの隙があれば距離を詰めてプレッシャーをかけてブロックできる確率を上げるために、できる限りのことをやろうと頭の中を切り替えたのでしょう」

 そして件の顔面セーブである。コンマ数秒を争う攻防で、おそらく意図的に行ったプレーではない。「コースにしっかり体を入れて、結果的に顔面に当たった」と楢﨑氏は推測する。とはいえGKは体の部位すべてを駆使してゴールを守るのが仕事で、顔面も例外ではない。

「プレー中は集中していますし、プロレベルのGKであればプレーしている時に怖さを感じる選手はほとんどいないはず。あとで映像を見て振り返った時に『危なかったな。痛そうだな』と思うことはありますが(苦笑)。でもGKならば体の痛みよりも、ゴールを決められる痛みのほうが嫌です。それくらいの覚悟がないと務まらない職業かもしれません」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集