[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、1打差まで来た野澤真央の猛追に苦闘「もうダメかと…苦しい時間長かった」

女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われ、単独首位で出た21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回って通算18アンダーで今季2勝目を飾った。途中、独走態勢を築いたかに思えたが、同組の野澤真央(愛知製鋼)の猛追を受けて「もうダメかと思った」という状況に。それでも気持ちを切らさず、諦めずに戦った気持ちの強さが光った。

今季2勝目を飾った西村優菜(右)。野澤真央の猛追を受けた【写真:Getty Images】
今季2勝目を飾った西村優菜(右)。野澤真央の猛追を受けた【写真:Getty Images】

ニッポンハムレディス最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われ、単独首位で出た21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回って通算18アンダーで今季2勝目を飾った。途中、独走態勢を築いたかに思えたが、同組の野澤真央(愛知製鋼)の猛追を受けて「もうダメかと思った」という状況に。それでも気持ちを切らさず、諦めずに戦った気持ちの強さが光った。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 まさに「ゴルフはメンタルスポーツ」と呼ばれるゆえんを示したラウンドだった。3日目を終えて2位に3打差をつける単独首位で迎えた最終日。前半こそバーディーは3番パー5での1つだけだったが、折り返しの10番パー5でもしっかり伸ばした。この時点で2位の野澤とは3打差。隙のない内容で優勝に向けて盤石の態勢かと思われた。

 しかし、12番パー4の2打目が「突き抜けてしまった」というミスショット。一方の野澤が花道から鮮やかなチップインバーディーを決めたのを見て「『ハーッ』って思ってしまった」と落ち込みかけた。冷静に進めてきた中で気持ちが揺らいだことも影響して、この日初のボギー。悪い流れを引きずった13番バー4でも連続ボギーとして野澤に並ばれた時は「もうダメかなと思うこともあった。苦しかった時間が長かった」と偽らざる心境を明かした。

 14番でお互いにバーディーを奪って迎えた15番パー4。ここで2人の明暗が分かれた。2打目を先に打った野澤は右の池に入れるミスショット。そこで西村は「右だけは行かないようにということだけ必死に考えていた。ああいうミスはあり得る。体をどう動かそうということだけ考えていた」

 細心の注意を払った西村の2打目はグリーン右奥、ピンからは8メートルにオン。「チャンスというほどの距離じゃなかったけど、上りのスライスで難しくはないなと。決められたらいいな、と思って打った」というボールはカップのど真ん中から入り、野澤との差を再び3ストローク差に広げた。

 それでも「野澤さんはいいパッティングを見せていて、朝イチから入っていたので全く安心できなかった。余裕ゼロです。最後まで気が抜けないと思った」との言葉通り、16、17番は慎重にパーセーブ。一方の野澤は意地の連続バーディーで、最終18番を迎える時に2人の差は1打となっていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集