[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2勝目の西村優菜、窮地で見せた“驚愕の一打”に反響「イルカのように体を反らせた」

女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回り、大会新の通算18アンダーで3週ぶりの今季2勝目&ツアー通算6勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激しい優勝争いを制した。1打差に迫られた最終18番では、絶妙なバンカーショットを披露。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開すると、「イルカのように体を反らせた」とファンを驚かせた。

今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】
今季2勝目を飾った西村優菜【写真:Getty Images】

西村優菜が今季2勝目、ピンチを救った絶妙なショットとは

 女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは10日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で最終日が行われた。21歳・西村優菜(スターツ)が4バーディー、2ボギーの70で回り、大会新の通算18アンダーで3週ぶりの今季2勝目&ツアー通算6勝目。3打差の2位で出た野澤真央(愛知製鋼)との激しい優勝争いを制した。1打差に迫られた最終18番では、絶妙なバンカーショットを披露。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が動画を公開すると、「イルカのように体を反らせた」とファンを驚かせた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 西村の技が窮地で冴えわたった。3打差で出た最終日。一時は同じ最終組の野澤と首位タイになった。1打リードで迎えた最終18番パー4。第2打をグリーン右手前のバンカーに入れてしまった。ピンまで約3メートル。野澤がパーオンさせ、西村はボギーならプレーオフにもつれるピンチだ。しかし、低い姿勢から冷静にクラブを振り抜いた。ボールはピン60センチにピタリ。土壇場でテクニックを見せた。

 絶妙なアプローチ動画をJLPGA公式ツイッターが公開。文面に「ここぞの場面で勝負強さを見せて、大会6代目チャンピオンに」と記して投稿した。西村はウィニングパットを決めて安堵の笑み。コメント欄では、ファンから「体をイルカのように反らせて」「最後まで素晴らしい集中力!!」「鳥肌が立ちました」「凄い!!」「プロの技を見ました」「西村優菜ちゃんの『ゴルフの上手さ』を象徴するシーン」と驚きの声が上がった。

 西村は2000年度生まれの「プラチナ世代」と呼ばれる学年。最後のアプローチについて、優勝会見で「手前のラフに落としてしまうと、クッションになってしまって前に転がらない。だからカラーかグリーンにスピンをかけたボールを打ちたいと思いました。バンカーに入ったら下が柔らかかったので、これは怖がらず、ビビらずに打つしかないと。100点満点だったと思います」と振り返った。

 3週前に制したニチレイレディスに続き、2勝連続で大会記録を更新した。今後はエビアン選手権、全英女子オープンと海外メジャー2戦に向かう。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集