[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜、ホールインワンは「ビックリしすぎて覚えていない」 幸運味方に単独首位

女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは8日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で2日目が行われた。首位と1打差の4位で出た21歳・西村優菜が自身ツアー2度目のホールインワンを達成するなど1イーグル、3バーディー、ボギーなしの67で回り、通算10アンダーと単独首位に立った。ホールアウト後の会見では「池は大丈夫か……と思ったら、『入れ! 入れ!』と聞こえてきて、パッと見たら入っていた」と笑顔で振り返っている。

ニッポンハムレディス2日目にホールインワンを達成した西村優菜【写真:日本女子プロゴルフ協会提供】
ニッポンハムレディス2日目にホールインワンを達成した西村優菜【写真:日本女子プロゴルフ協会提供】

ニッポンハムレディス2日目

 女子ゴルフの国内ツアー・ニッポンハムレディスは8日、北海道・桂GC(6763ヤード、パー72)で2日目が行われた。首位と1打差の4位で出た21歳・西村優菜が自身ツアー2度目のホールインワンを達成するなど1イーグル、3バーディー、ボギーなしの67で回り、通算10アンダーと単独首位に立った。ホールアウト後の会見では「池は大丈夫か……と思ったら、『入れ! 入れ!』と聞こえてきて、パッと見たら入っていた」と笑顔で振り返っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 西村は161ヤードの8番パー3、6番ユーティリティで放った第1打が見事グリーンに着弾。ボールはそのままカップに向かって転がり、2021年のダイキンオーキッドレディス以来、ツアーでは自身2度目のホールインワンとなった。キャディーと笑顔でハイタッチして喜んだ。ボールをカップから拾い上げる際には、ギャラリーから拍手が送られた。

 この時点で単独首位に立った西村は、その後もスコアを伸ばして通算10アンダー。2位の吉田、ペ・ソンウらに2打差をつけて2日目を終えた。ホールアウト直後の中継インタビューでは「100点のショットではなかった。ティーを拾って、顔をあげた瞬間くらいに入ったので、ちゃんと見えたという感じではなかったです」と快挙の瞬間を振り返っていた。

 その後の会見では「凄いアゲインストが吹いていたので、左に打とうとした球が少し右に出て、ピン方向に飛びました。分厚い当たりをしてたので池は大丈夫か……と思ったら、『入れ! 入れ!』と聞こえてきて、パッと見たら入っていました」「ビックリしすぎてぼんやりとしか覚えていない」と話した。

 打ちたい方角に放った打球ではなく「ラッキーでした」と笑顔。「朝一の練習から、頭の中で思い描いているスイングができず、上手く反応できなかった。どうスコアを作っていこうか考えていた」と不安のスタートだったが、終わってみれば単独首位。「そんな中の5アンダーは大きい」と頷いた。

 国内ツアーはこの大会を最後に、今月のエビアン選手権、8月の全英女子オープンという海外メジャー2戦に備える。「(今大会は)難しいコースだという印象。自信を付けて海外に行きたい気持ちはある」と気持ちを引き締めていた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集