[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、8勝&決勝打に敵将もお手上げ「粘ったらカーブが落ちてくる…手に負えない」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回2安打1失点、10奪三振の好投で8勝目をマークし、打っても5回に決勝の2点タイムリーを放った。5-2でチームは連敗を4でストップ。大谷に投打でやられた敵将のドン・マッティングリー監督は「手に負えなかったね。打者は彼と対峙したら多くのことに悩まさせる」と脱帽している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

マーリンズ戦で10奪三振の力投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。投げては7回2安打1失点、10奪三振の好投で8勝目をマークし、打っても5回に決勝の2点タイムリーを放った。5-2でチームは連敗を4でストップ。大谷に投打でやられた敵将のドン・マッティングリー監督は「手に負えなかったね。打者は彼と対峙したら多くのことに悩まさせる」と脱帽している。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 マイアミの地で、大谷が投打に輝いた。1-1の同点で迎えた5回2死満塁。相手左腕ロジャーズが投じた外角高めの97マイル(約156.1キロ)を逆方向へ。広く開いた三遊間を破る2点適時打を放ち、これが決勝点となった。投げても初回に失策絡みで1点を失うも、100マイルを超える速球にスプリット、スライダー、カーブと自在に投げ分けて相手を翻弄。3試合連続の2ケタ奪三振をマークした。

 これで今季8勝目。投打の活躍でまたもチームの連敗を止めた。試合後、米フロリダ州マイアミ地元局「バリー・スポーツ・フロリダ」公式ツイッターは、マーリンズ・マッティングリー監督のコメントを動画で伝えた。

「生で彼(大谷)の投球を見たのは初めてだったけど、非常に感銘を受けた。サンディー(アルカンタラ)に似たところがある。多彩な投球ができる。良く落ちるスプリットも持っていて、速球も良い位置に行っていた。いくつかの異なる変化球も投げていた。慌てる様子も全くなかった。冷静に投げていたよね。とても感銘を受けた」

 試合後にこう絶賛しているマッティングリー監督。この試合で有効だったカーブについても問われ「(カーブだけでなく)いくつもの変化球を投げていた。スライダーに、スプリットも良く落ちていた。速球の球速もあった。スライダーは異なる変化をさせていた。それでカーブは決め球として使っていた感じだった。スライダーに粘って、速球に粘ったら、カーブが落ちてくるんだ。手に負えなかったね。打者は彼と対峙したら多くのことに悩まされる。対応が難しい選手だよ」とお手上げの様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集