[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が「イチロー思い出させる」 かつて所属のマイアミ実況席「穴を見つけ打つ」

6日(日本時間7日)の敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、投げては7回2安打1失点、10奪三振の好投。打っても5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ち、チームの5-2の勝利に大きく貢献した。敵地の実況席は、決勝打となったタイムリーに「イチローを思い出させた」と最大級の賛辞を贈っている。

第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

かつてイチローが在籍したマーリンズの地元メディア

 6日(日本時間7日)の敵地マーリンズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、投げては7回2安打1失点、10奪三振の好投。打っても5回の第3打席で勝ち越しの2点タイムリーを放ち、チームの5-2の勝利に大きく貢献した。敵地の実況席は、決勝打となったタイムリーに「イチローを思い出させた」と最大級の賛辞を贈っている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 1回に先制を許して迎えた5回表、エンゼルスは2死満塁で2番のマイク・トラウト外野手が死球を受けて同点。続く大谷は2-2と追い込まれながらも、外角高めの97マイル(約156.1キロ)の速球に反応した。打球は大谷シフトを敷いていた遊撃手の左を抜けて、勝ち越しの2点タイムリーとなった。

 このスイングに対し、現役時代はフィリーズなどで12年間プレーし、米フロリダ州マイアミ地元局「バリー・スポーツ・フロリダ」で解説を務めたトミー・ハットン氏は「イチローのスイングを思い出させるスイングでした」と、2015年からマーリンズに3シーズン所属していたイチローになぞらえて称賛した。

 同氏は「本塁打を打とうとするのではなく、単にボールを弾き返す感じ。満塁だったし、(シフトの)穴を見つけてそこを打ち抜いた。そして自らを援護しました」と技ありの一打を的確に解説した。試合展開と相手シフトを冷静に判断したこの打撃が、この試合の決勝打。しかも3試合連続2ケタ奪三振の力投で、今季8勝目をマーク。大谷のハイレベルな投打の活躍に、米メディアの称賛も止まらない。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集