[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織は本命ジョコの有力対抗馬? 全豪展望、地元紙評価は…

錦織は本命ジョコの有力対抗馬? 全豪展望、地元紙評価は…

テニス界にとって2017年最初のグランドスラムとなる全豪オープンが現地時間16日に開幕する。かつての絶対王者ロジャー・フェデラー(スイス)が一時の休養を経てグランドスラム出場を果たすなど、世界的にも注目度が高まる中、オーストラリア紙「ヘラルド・サン」電子版は同大会の展望記事を掲載している。果たして、錦織圭(日清食品)の評価は――。

20170114_nishikori

17年グランドスラム初戦、本命は過去6度Vジョコビッチ

 テニス界にとって2017年最初のグランドスラムとなる全豪オープンが現地時間16日に開幕する。かつての絶対王者ロジャー・フェデラー(スイス)が一時の休養を経てグランドスラム出場を果たすなど、世界的にも注目度が高まる中、オーストラリア紙「ヘラルド・サン」電子版は同大会の展望記事を掲載している。果たして、錦織圭(日清食品)の評価は――。

 現在、男子テニスはノバク・ジョコビッチ(セルビア)とアンディ・マレー(英国)が世界ランキング1位を熾烈に争う構図となっているが、同紙が推したのはジョコビッチだった。

「ジョコビッチは世界ランク1位でトーナメントに臨まないかもしれないが、彼は通算7度目となる同タイトルを掲げる本命であることは確かだ」と、過去6度全豪を制した実績を重視。また「彼がカタール同様のプレーをオーストラリアで見せれば、負かすのは非常に困難だろう」と、マレーを破って連覇した現在の調子もプラス要素に置いた。

 そのジョコビッチに敗れたマレーだが、対抗馬の第1候補に挙げられている。「マレーが男子テニス界のトップに上り詰めたのは偶然ではない。このスコットランド人選手は2016年最後の数か月、誰にも止められなかった」と充実ぶりを評価。計5度の準優勝に終わり、悲願となる全豪制覇へ「彼自身、セカンドサービスの改善が生命線になると信じている」と、具体的な課題も記している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー