[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界5位錦織圭がマレーやジョコビッチを凌ぐものは? 著名分析家が指摘

テニス界で最も高名なデータ分析家として知られるクレイグ・オシャネッシーは、コーチや選手たちの戦略参謀として手腕を振るうのみならず、有名紙『ニューヨークタイムズ』やATP公式サイト等に寄稿するコラムニストとしても活躍している。そのオシャネッシーが、2016年の最後にATP公式サイトに掲載した記事は、錦織圭についてのものだった。

20170112_nidhikori

ATP公式サイト掲載記事で錦織の2016年と2017年を分析

 テニス界で最も高名なデータ分析家として知られるクレイグ・オシャネッシーは、コーチや選手たちの戦略参謀として手腕を振るうのみならず、有名紙『ニューヨークタイムズ』やATP公式サイト等に寄稿するコラムニストとしても活躍している。そのオシャネッシーが、2016年の最後にATP公式サイトに掲載した記事は、錦織圭についてのものだった。

「2016年にいかにニシコリは成長し、2017年も引き続き改善できるか?」

 そう題された記事の中で、オシャネッシーは錦織の強さの源泉は“セカンドサーブ”にあることを指摘している。

「錦織は2016年、58勝21敗の戦績でキャリア最高の勝利数を手にし、世界ランキング5位でシーズンを終えた。特に目を引くのが、セカンドサーブでの支配力だ」

 錦織のファーストサーブでのポイント獲得率は72%で、これはATP全体で見て43位の数字。ところがセカンドサーブになると、55.3%の獲得率で7位にまで大幅に跳ねあがる。

 また「セカンドサーブでゲームを支配するのは、リターンゲームでも同様だ」と記事は続けている。なんと、相手のセカンドサーブ時における、錦織のポイント獲得率は54.3%にも上るという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集