[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を大乱闘から守った水原通訳 海外記者が称賛「最高の仕事は乱闘の後半だ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開した中、大谷の通訳を務める水原一平通訳の行動に対し、「最高の仕事は乱闘の後半だ」と海外記者から称賛の声が上がった。

大谷翔平の出場試合で大乱闘が勃発。水原通訳が終始そばについた【写真:ロイター】
大谷翔平の出場試合で大乱闘が勃発。水原通訳が終始そばについた【写真:ロイター】

大谷翔平出場試合で大乱闘勃発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開した中、大谷の通訳を務める水原一平通訳の行動に対し、「最高の仕事は乱闘の後半だ」と海外記者から称賛の声が上がった。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 大谷に何かあっては一大事だ。2回、エンゼルスの先発ワンツに死球を受けたマリナーズのウィンカーが激怒。相手ベンチに向かって怒りを露わにする中、両軍の選手たちが一斉に飛び出した。体当たりにグーパンチなどヒートアップ。ベンチを出た大谷には、水原通訳が終始そばについた。相手コーチを後ろから制止した大谷を集団から引き離すように動いている。

 米メディアが動画を公開した。カナダのスポーツ専門メディア「ザ・スコア」のガイ・スパリアー記者は、ツイッターに「ウィンカーはエンゼルス―マリナーズの乱闘の最中にたくさんパンチを受けたが、最高の仕事は乱闘の後半、オオタニの通訳が彼(大谷)を周囲にとどめたことだ」と投稿。大谷を守る行動を称賛している。

 大谷を守るという見方ではないが、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「乱闘で最高だったのは、汚い言葉の通訳が必要な場合に備えてだろう、イッペイがショウヘイとともにグラウンドに出てきたことだ」と通訳の参戦に注目した。「3番・DH」で出場した大谷は2打数無安打2四球。チームは2-1の勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集