[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平も参戦の大乱闘 発端の死球与えたエ軍右腕が釈明「昼の試合は初めてなんだ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米メディアが動画を公開する中、発端である死球を与えたエンゼルス右腕は「昼の試合は初めてなんだ」などと釈明した。

ワンツが与えた死球をきっかけに大乱闘が勃発【写真:ロイター】
ワンツが与えた死球をきっかけに大乱闘が勃発【写真:ロイター】

大谷翔平出場試合で大乱闘勃発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米メディアが動画を公開する中、発端である死球を与えたエンゼルス右腕は「昼の試合は初めてなんだ」などと釈明した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 今季初先発だったアンドリュー・ワンツのボールで火が付いた。初回1死にフリオ・ロドリゲスの頭上へ投球すると、警告試合が宣告された。2回先頭では、ジェシー・ウィンカーへの初球が死球に。ここで殴り合いの大乱闘に発展した。

 米メディアは動画を公開。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は、死球を与えたワンツのコメントをツイッターで紹介した。ワンツは「初先発にかなり興奮していた。(1回のフリオ・ロドリゲスへの危険球は)すり抜けてしまった。汗で滑りやすかった。汗をかいていたんだ。デーゲームで投げるのは初めてだったから。ウィンカーへの投球は内角へのカットボールで、それを引っ張ってしまった。言えるのはそれだけさ」と釈明している。

 25日(同26日)の同カードでは、エンゼルスのマイク・トラウト外野手が3-5の9回2死一塁の場面で152キロの直球を頭部付近に投げられていた。直撃は免れたものの、投手を睨むような仕草を見せるなど珍しく怒りを露わに。この日のワンツが与えたのは“報復死球”とされている。ワンツは退場になったが、チームは2-1の勝利を収めた。「3番・DH」で出場した大谷は、2打数無安打2四球だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集