[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、大乱闘に米女性レポーターも臨戦態勢「彼を傷つけたらただじゃおかないわ」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開している中、米記者たちは「ショウヘイを傷つけたらただじゃおかない」などと反応した。

大谷翔平の出場試合で大乱闘が勃発した【写真:ロイター】
大谷翔平の出場試合で大乱闘が勃発した【写真:ロイター】

大谷翔平出場試合で大乱闘勃発

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が26日(日本時間27日)、出場した本拠地マリナーズ戦で大乱闘が起きた。殴り合いが勃発し、両軍計8人が退場。米国の各メディアが動画を公開している中、米記者たちは「ショウヘイを傷つけたらただじゃおかない」などと反応した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 大谷も止めに入った。2回、エンゼルスの先発ワンツに死球を受けたマリナーズのウィンカーが激怒。相手ベンチに向かって怒りを露わにする中、両軍の選手たちが一斉に飛び出した。体当たりにグーパンチなどヒートアップ。大谷は相手コーチを後ろから抱きかかえて制止している。

 米メディアが動画を公開した中、米記者らもツイッターで続々と興奮気味に反応した。米インディアナ州地元局「WXIN」の女性レポーター、アレクサ・ロス氏は「もし誰かがショウヘイ・オオタニを傷つけたら、ただじゃおかないわ」と“参戦”へ臨戦態勢。米スポーツベッティングサイト「ドラフトキングス」のジャレッド・カラビス記者は、「ショウヘイ・オオタニは野球史上最も礼儀正しい乱闘参加者だ」と温厚ぶりに注目した。

 米テキサス州地方紙「ザ・ダラス・モーニング・ニュース」のレンジャーズ番エバン・グラント記者は、「ショウヘイとトラウトが無事だと言ってくれ」とツイート。他球団の番記者ながら、スター2人の安否を心配した。

「3番・DH」で出場した大谷は2打数無安打2四球。チームは2-1の勝利を収めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集