[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カネロ&GGG第3戦 超異例の1分超フェイスオフに海外仰天「瞬きしないのはどっちだ」

9月17日に米ラスベガスで対戦するボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(メキシコ)とWBA&IBF世界ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が24日に会見。今年のボクシング界最大の激突とされる3度目の対戦へ向けて決意を語るとともに、実に1分間を超える超ロングフェイスオフで火花を散らし、ファンを驚かせた。

会見を行った“カネロ”ことサウル・アルバレス(左)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】
会見を行った“カネロ”ことサウル・アルバレス(左)とゲンナジー・ゴロフキン【写真:Getty Images】

 9月17日に米ラスベガスで対戦するボクシングの世界スーパーミドル級4団体統一王者の“カネロ”ことサウル・アルバレス(メキシコ)とWBA&IBF世界ミドル級統一王者のゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が24日に会見。今年のボクシング界最大の激突とされる3度目の対戦へ向けて決意を語るとともに、実に1分間を超える超ロングフェイスオフで火花を散らし、ファンを驚かせた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 決戦まで3か月、早くも両雄が激しく火花を散らした。米スポーツ専門局「ESPN」によると、カネロは「ヤツはいつもナイスガイであるかのようなフリをしている。公衆の面前にいるかのようにな。アイツはクソ野郎だ!」などとゴロフキンを散々挑発したが、対するゴロフキンも「もし、彼が一度でも間違ったことをしたのであれば、それを完全に忘れ去ることはできない。悪事の後、クリーンなままではいられない」とカネロの過去の薬物違反騒動をチクリと刺した。

 そして、恒例のフェイスオフで歩み寄った。黒のポロシャツ姿のカネロが、グレーのジャケット姿のゴロフキンににじり寄る。にらみつけるようなカネロに対し、ゴロフキンは穏やかな表情で視線を合わせる。10秒、20秒、30秒……。まるで静止画のように2人は動かない。

 1分に迫ろうとする頃、関係者が「そろそろ」と促すも関係なし。1分を超えてようやく距離を取り、フォトセッションのために正面のカメラ方向に体を向けたが、視線は互いに外さず、にらみ合ったまま。異様な超ロングフェイスオフだった。この模様を英興行大手「マッチルーム」公式ツイッターがノーカットで公開。目の当たりにした海外ファンからも興奮の声が漏れている。

 返信欄では「カネロは彼を倒せるか? 三度目の正直?」「GGGが勝つ!」「GGGは怪物だけど、ちょっと遅かったな」「カネロはまた負けるよ。ハハハ」「今回はカネロはGGGを止める」と両雄のファンからさまざまな声が上がり、同様に紹介した米スポーツチャンネル「DAZNボクシング」公式インスタグラムでも「瞬きせずにいられるのはどっちか」「熱いな」と反響が寄せられた。

 過去2戦1勝1分けとしているカネロは5月にライトヘビー級に上げてWBAスーパー王者ドミトリー・ビボル(ロシア)に敗れたが、今回は主戦場の階級。対するゴロフキンは4月に村田諒太を破って以来のリングとなる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集