[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は年俸80億円が相応しい? NYポストが大胆試算「エンゼルスには経済的問題」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打者として4打数2安打、投手としては6回3安打無失点の好投で今季5勝目をマークした。昨季MVPに輝いた二刀流は、来季終了後にフリーエージェントになるが、米メディアはライバル球団幹部による年俸5000万ドル(約66億9898万円)というMLB史上最高額での契約の可能性を紹介。さらに“相応しい年俸”を試算し、6000万ドル(約80億4249万円)という衝撃の数字も算出している。

来季終了後にフリーエージェントになる大谷翔平【写真:Getty Images】
来季終了後にフリーエージェントになる大谷翔平【写真:Getty Images】

ニューヨーク・ポスト紙、大谷は「国際的な怪物」「ユニークなスター」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、敵地マリナーズ戦に「3番・投手兼DH」で先発出場。打者として4打数2安打、投手としては6回3安打無失点の好投で今季5勝目をマークした。昨季MVPに輝いた二刀流は、来季終了後にフリーエージェントになるが、米メディアはライバル球団幹部による年俸5000万ドル(約66億9898万円)というMLB史上最高額での契約の可能性を紹介。さらに“相応しい年俸”を試算し、6000万ドル(約80億4249万円)という衝撃の数字も算出している。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 T-モバイル・パークで二刀流の活躍を見せ、4-1の勝利に貢献した大谷。早くも去就問題が加熱している。「エンゼルスはショウヘイ・オオタニという難問を抱えている」と見出しで特集したのは米地元紙「ニューヨーク・ポスト」だった。

 記事では昨季打っては46本塁打、投げても9勝をマークしてMVPを獲得した大谷について「現在MLB最大のお買い得選手」と注目。「国際的な怪物で、メジャー平均年俸の500万ドルで、前人未到の偉業を成し遂げたユニークなスーパースターだ。だが、総年俸が高騰しているエンゼルスにとっては、オオタニが経済的な問題になりつつある」と分析している。

 エンゼルスはマイク・トラウト外野手に加え、アンソニー・レンドン内野手、クローザーのライセル・イグレシアス投手とも大型契約を結んでおり、経済的な問題を抱えつつあるという。

 記事ではライバル球団のGMの発言を紹介。大谷に対して4年総額2億ドル(約268億円)のメガオファーを提示するチームは複数存在するだろうと報じている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集