[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界ヘビー級挑戦者 巨漢118kgを瞬殺した左フックに英紙絶賛「王者終焉を告げる一撃」

ボクシングのWBA世界ヘビー級タイトルマッチが11日(日本時間12日)、米フロリダ州マイアミで行われ、挑戦者のダニエル・デュボア(英国)が正規王者トレバー・ブライアン(米国)を4回TKOで破り、王座奪取。最後は左フックでキャンバスに沈めた。ヘビー級らしい豪快な決着に「敵を撃滅するのに完璧なタイミング」「相手は何が起きたのか分からず」と絶賛している。

ダニエル・デュボア【写真:Getty Images】
ダニエル・デュボア【写真:Getty Images】

WBA世界正規王座決定戦でデュボアが4回TKO勝ち

 ボクシングのWBA世界ヘビー級タイトルマッチが11日(日本時間12日)、米フロリダ州マイアミで行われ、挑戦者のダニエル・デュボア(英国)が正規王者トレバー・ブライアン(米国)を4回TKOで破り、王座奪取。最後は左フックでキャンバスに沈めた。ヘビー級らしい豪快な決着に「敵を撃滅するのに完璧なタイミング」「相手は何が起きたのか分からず」と絶賛している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 決着は突然だった。4回、接近戦から距離を取ったブライアンがデュボアに左ボディを狙う。しかし、次の瞬間、キャンバスに倒れていたのはブライアンの方だった。その寸前、デュボアが放った左フックが顔面をヒット。110キロが繰り出すヘビー級らしい破壊力に118キロのブライアンはよろめき、うつ伏せに倒れた。なんとか立ち上がろうとするも足が言うことを聞かない。たまらずレフェリーが試合を止め、TKO決着となった。

 デュボアの母国、英紙「デイリー・エクスプレス」は「ダニエル・デュボア、圧巻の左フックでトレバー・ブライアンをノックアウトし、WBA王者に」と特集。試合について「挑戦者でありながら、デュボワは大本命であり、なぜ彼がボクシングのブルー・リボン級で最も恐るべきパンチャーであり続けられるのかもはっきり分かるものだった」と評した。

 決着シーンについては「ブライアンの終わりを告げる一撃は、敵を撃滅するのに完璧なタイミングで放たれ、雷のような左フックを受けた相手はその後、何が起こっているのか分からなくなっていた」と記述。「このヘビーウェイト級2人の能力には歴然たる差があった」と母国の王者を称えた。24歳のデュボアは20年11月にジョー・ジョイス(英国)に初黒星を喫したが、以降3連勝。18勝(16KO)1敗とし、今後のヘビー級戦線を賑わせそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集