[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「それがサンショー人生のテーマ」 3000m障害V2三浦龍司、世界陸上で五輪7位超え快挙へ

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子3000メートル障害決勝では、東京五輪7位入賞の20歳・三浦龍司(順大)が大会新8分14秒47の2連覇で初の世界陸上代表に内定。すでに参加標準記録8分22秒00を突破していたため、今大会3位以内が内定の条件だった。2位の青木涼真(Honda)も自己ベストの8分20秒09で参加標準記録を突破し、代表に内定した。

日本選手権男子3000メートル障害決勝で連覇した三浦龍司【写真:奥井隆史】
日本選手権男子3000メートル障害決勝で連覇した三浦龍司【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。男子3000メートル障害決勝では、東京五輪7位入賞の20歳・三浦龍司(順大)が大会新8分14秒47の2連覇で初の世界陸上代表に内定。すでに参加標準記録8分22秒00を突破していたため、今大会3位以内が内定の条件だった。2位の青木涼真(Honda)も自己ベストの8分20秒09で参加標準記録を突破し、代表に内定した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 三浦が雨の中で突っ走った。序盤から集団を引っ張ると、ラスト2周で後続を引き離した。昨年大会で自身が出した8分15秒99の大会記録を超え「去年に比べればいいレース。世界陸上も決められて安心しました」と安堵。世界を見据え「よかったと頷けるものではない」と満足はしなかった。

 4月の金栗記念(熊本)1500メートルでは、日本歴代2位となる3分36秒59で走り、本命以外の種目でも好記録をマーク。本命の3000メートル障害より短い距離でスピードを強化し、5000メートルでもスタミナをレベルアップさせてきた。「3000メートル障害は複合的なものが必要。この種目でしか使わない技術があって、そこがまだまだ」と課題を見つめ直した。

 昨年は五輪で7位入賞の快挙を達成。「精神的に強くなった。余裕が出てきた。世界の選手と走る機会を経験できて、自分がどれくらい通用するかわかった。夢物語じゃないと感じることができた」と手応えを得た。一方で「世界のケタ違いの強さも感じた」と吐露。「それを埋めていくのが課題。それがサンショー(3000メートル障害)人生のテーマ」と掲げた。

 この夏、再び世界と戦う。日本記録は自身の8分09秒92。東京五輪7位入賞を超える快挙へ「8分を切ると断言したい」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集