[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくら、集中しすぎて大量の松の枯れ葉に乗ってショット「滑ったら恥ずかしかった」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。4位から出た小祝さくら(ニトリ)は、5バーディー、1ダブルボギー、2ボギーの71で回って通算7アンダー。首位に5打差の8位に後退した。原因はショットの乱れで、足元にあった大量の松の枯れ葉を取り払うことも忘れていた。首位は通算12アンダーの藤田さいき(チェリーゴルフ)。2位には、3打差の通算9アンダーで前週優勝の稲見萌寧(Rakuten)とルーキーの尾関彩美悠(フリー)がつけている。

通算7アンダーの8位で3日目を終えた小祝さくら【写真:Getty Images】
通算7アンダーの8位で3日目を終えた小祝さくら【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第3日が11日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で行われた。4位から出た小祝さくら(ニトリ)は、5バーディー、1ダブルボギー、2ボギーの71で回って通算7アンダー。首位に5打差の8位に後退した。原因はショットの乱れで、足元にあった大量の松の枯れ葉を取り払うことも忘れていた。首位は通算12アンダーの藤田さいき(チェリーゴルフ)。2位には、3打差の通算9アンダーで前週優勝の稲見萌寧(Rakuten)とルーキーの尾関彩美悠(フリー)がつけている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ショットメーカーの小祝が、ショットで苦しんだ。

「昨日から怪しかったんですが、原因がちょっと分からないんです。2番のティーショットは、手前でダフって(ヘッドの)右にかかっちゃった感じでした」

 結果、ボールはラフを越えて斜面に。そしてドロップ後、スタンスを取る位置には大量の枯れた松の葉があった。通常なら、それらを整備して足場を固めるところだが、小祝はそのまま枯れ葉の上に乗って、ショットを放った。

「なんか、すごくいっぱいありましたし、何か傾斜がすごすぎて、足場のことは忘れていました……。滑ったら恥ずかしかったです」

 7番パー4では、第2打を左サイドのペナルティーゾーンに打ち込んだ。

「カットに打とうと思ったら、そのまま左へストレートの球が出てしまいました」

 結果はダブルボギー。その後は2つスコアを伸ばして、8位に踏みとどまった。前々週のリゾートトラストレディスで優勝。海を渡って出場した前週の全米女子オープンは20位で、今大会も出場と無休を続けている。それでも、「疲れているのか」の問いには、「いや、そうじゃなくてショットが……」と返し、「修正して最終日にビッグスコアを出したいです」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集