[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮里藍と同い年36歳藤田さいきが11年ぶりV視野 父の証言「肉体は20代に若返っている」

国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は、6バーディー、2ボギーの68で回って通算10アンダー。2位に3打差の単独首位に立った。好調のショットに加え、今大会のグリーンが「自分の感覚に合っている」こともハイスコアの要因になっている。大会アンバサダーの宮里藍と同じ36歳。2011年の富士通レディース以来11年ぶりのツアー6勝目に向けて、「今日も自分を褒めて、いい夢を見ます」と明るく話した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

宮里藍サントリーレディス、通算10アンダーで2位に3打差の単独首位に立った藤田さいき【写真:Getty Images】
宮里藍サントリーレディス、通算10アンダーで2位に3打差の単独首位に立った藤田さいき【写真:Getty Images】

宮里藍サントリーレディス第2日

 国内女子ゴルフツアーの宮里藍サントリーレディス第2日が10日、兵庫・六甲国際GC(6527ヤード、パー72)で開催された。3位から出た藤田さいき(チェリーゴルフ)は、6バーディー、2ボギーの68で回って通算10アンダー。2位に3打差の単独首位に立った。好調のショットに加え、今大会のグリーンが「自分の感覚に合っている」こともハイスコアの要因になっている。大会アンバサダーの宮里藍と同じ36歳。2011年の富士通レディース以来11年ぶりのツアー6勝目に向けて、「今日も自分を褒めて、いい夢を見ます」と明るく話した。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 藤田は出足で2連続バーディーを奪い、残り2ホールも連続バーディーで締めた。

「ピンポジがめちゃくちゃ難しかったです。でも、やりがいがありました。どうやって攻めていこうかと考えられますし、楽しいです。昔からこういうのは好きです」

 ピンポジションを決めているのは、同じ年齢の宮里だ。藤田が14歳でゴルフを始めた時からの「憧れの人」。だが、2017年でツアーを引退した宮里に比べ、長くプロ生活を送っている。自身は「20代に時に比べると、回復力が難しいですね。寝て起きたら、どこかが痛いです」と言ったが、父でコーチの藤田健氏は逆のことを証言している。

「娘は、優秀なトレーナーのもとで7年前からしっかりトレーニングを積んできているので、肉体は20代に若返っています。今週は旦那が代わりにケアにしています」

 そして、健氏はこの日もテレビ観戦した上で、「今大会のグリーンはコンパクション(土壌硬度)と速さが合っています」と指摘した。

 藤田自身も初日ラウンド後の会見で、「グリーンの感覚が自分に合っている気がします」と話した。ドライビングディスタンスはツアー全体3位、アイアンショットも切れる今季、課題にしてきたパットにプラス材料が加わったことが、2日間の快進撃に繋がっている。

「宣言通り、天気がいいこの2日間は頑張りました。残り2日、体力を維持しながら、どう頑張るかですね」

 今季は前週まで13戦出場で2位が2度。そして、11年ぶりの優勝が視野に入り、「今日も自分を褒めたたえて、いい夢を見ます。宮里藍ちゃんが決めているピンポジを攻略して、笑顔で終われるようにしたいですね」。明るく前向きな36歳は、全身全霊で頂点をつかみにいく。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集