[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥にかかる日本のジンクス打破 バトラー戦で敵地開催なら「あ~、面白い」

ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が8日、ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜はさいたまスーパーアリーナで2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一戦での“日本ボクシング界のジンクス打破”へ「面白いですね」と歓迎した。

一夜明け会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】
一夜明け会見に出席した井上尚弥【写真:浜田洋平】

井上尚弥が一夜明け会見

 ボクシングのWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋)が8日、ノニト・ドネア(フィリピン)との3団体統一戦から一夜明け、神奈川・横浜市内の所属ジムで会見した。前夜はさいたまスーパーアリーナで2回1分24秒TKO勝ちし、日本人初の3団体王座統一に成功。4団体統一戦での“日本ボクシング界のジンクス打破”へ「面白いですね」と歓迎した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 日本のボクサーたちが打ち破れない壁がある。英国選手と英国で開催した世界戦は、日本人の6戦全敗。4日(日本時間5日)には、IBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(帝拳)が同級3位ジョゼフ・コーディナに敗れたばかりだ。そして今、井上が標的にするWBO王者ポール・バトラーは英国人だ。

 井上陣営は国内外にかかわらず、年内の4団体統一戦開催を実現させる方針。この日、井上は開催地について「どっちでもいい。バトラーが来るなら日本でもいいし、英国じゃないとやらないと言うなら出向いでもいい」とし、ジンクスの存在を聞かされると「あ~、それは面白いですね」と興味を示した。日本のモンスターが負の歴史に終止符を打つ可能性がある。

 今回のドネア戦に向け、6日の前日計量直前には「寂しいなぁ。喉が乾いているこの瞬間が終わってしまう」と話したことを大橋秀行会長が明かしていた。普通なら早く水分を摂りたいところだが、真逆の心情。それだけ減量に余裕があり、順調に調整が終わった証しだったが、言葉の真意について本人は笑いながら明かした。

「真意はそのままですよ。ここまで苦しんで落としてきたものが、ほんの一瞬でなくなってしまうのは寂しいなって。でも、計量30分前だからそうなるだけで、1日、2日前は早く終われと思っていますよ」

 体の状態を見ながらしばらく休養する。4団体統一戦が実現しなければ、スーパーバンタム級に上げる方針は変わらないが、「ここまで来たら4団体統一にこだわりたい」とアジア人初の偉業に強い意欲を見せた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集