[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「球史に残る恥ずかしい光景だ」 ヤンキースのドラ1有望株が犯した怠慢プレーに米笑撃

米大リーグのマイナーリーグで、まさかの“怠慢プレー”が生まれた。ヤンキース傘下1A+ハドソンバレー・レネゲーズのアンソニー・シーグラー捕手は28日(日本時間29日)の試合で、大飛球に“確信”のバット投げを披露。打球の行方を見守ったが、フェンスオーバーとならず、二塁で悠々タッチアウトに。米ファンからは「子どもたちよ、必見だ」「球史に残る恥ずかしい光景だ」などの声が集まっている。

ヤンキースのドラ1有望株が犯した怠慢プレーに反響が集まっている(画像は米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターより)
ヤンキースのドラ1有望株が犯した怠慢プレーに反響が集まっている(画像は米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターより)

豪快なバット投げ→二塁タッチアウトに「子どもたちよ、必見だ」の声

 米大リーグのマイナーリーグで、まさかの“怠慢プレー”が生まれた。ヤンキース傘下1A+ハドソンバレー・レネゲーズのアンソニー・シーグラー捕手は28日(日本時間29日)の試合で、大飛球に“確信”のバット投げを披露。打球の行方を見守ったが、フェンスオーバーとならず、二塁で悠々タッチアウトに。米ファンからは「子どもたちよ、必見だ」「球史に残る恥ずかしい光景だ」などの声が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ブレーブス傘下ローム・ブレーブス戦、4点を追いかける延長10回2死一塁だった。打席に入ったシーグラーは3球目を強振。快音を響かせた打球は左翼方向に飛んだ。本塁打を“確信”したシーグラーは豪快なバット投げを見せ、悠々とステップを踏みながら白球の行方を見つめた……。しかし、ここからだった。

 高々と舞い上がった打球だったが、フェンスオーバーしなかったのである。シーグラーは慌ててスピードを上げて一塁を蹴る。二塁へスライディングを見せるが、遅すぎた。送球を受けた二塁手にタッチされてアウト。試合終了となってしまった。

 勘違いの判断が生んだ、お粗末なプレーに米ポッドキャストメディア「ジョムボーイ・メディア」公式ツイッターが注目。実際の一部始終の動画を公開すると、米ファンも続々と反応した。コメント欄には「芸術性のあるアウト」「これは恥ずかしい」「大爆笑」「子どもたちよ、必見だ」「めちゃ面白い」「笑える」「球史に残る恥ずかしい光景だ」などの笑撃を受けた声が寄せられた。

 シーグラーは2018年のドラフトでヤンキースから1巡目(全体23位)指名を受けた22歳の有望株。マイナーリーグでの出来事だったが、恥ずかしい“怠慢プレー”でその名を広めてしまった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集