[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

古江彩佳、球も見えない急傾斜ラフから絶品リカバリー 米実況席も絶賛「オーマイガー」

米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーのバンクオブホープ・マッチプレーは29日(日本時間30日)、ネバダ州のシャドークリークGC(6777ヤード、パー72)で準決勝と決勝が行われた。今季から米女子ツアーに参戦の古江彩佳(富士通)は準決勝で、リリア・ヴ(米国)に2アンド1で快勝。決勝ではツアー5勝のチン・ウンヒ(韓国)に3アンド2で敗れたが、堂々の準優勝(2位)。決勝の6番ではスーパーショットで度肝を抜いた。

バンクオブホープ・マッチプレーで準優勝した古江彩佳【写真:Getty Images】
バンクオブホープ・マッチプレーで準優勝した古江彩佳【写真:Getty Images】

決勝6番パー4、ピンチで放ったスーパーショットに称賛の声

 米女子プロゴルフ(LPGA)ツアーのバンクオブホープ・マッチプレーは29日(日本時間30日)、ネバダ州のシャドークリークGC(6777ヤード、パー72)で準決勝と決勝が行われた。今季から米女子ツアーに参戦の古江彩佳(富士通)は準決勝で、リリア・ヴ(米国)に2アンド1で快勝。決勝ではツアー5勝のチン・ウンヒ(韓国)に3アンド2で敗れたが、堂々の準優勝(2位)。決勝の6番ではスーパーショットで度肝を抜いた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 日本が誇る“小さな巨人”が巧みな技で沸かせた。チン・ウンヒとの決勝、6番パー4だ。古江は第2打を右に曲げた。グリーンまでおよそ30ヤード。つま先下がりの傾斜で、しかもボールも見えないほど深いラフだった。それでも、高速グリーンを左から転がし、巧みなリカバリーでピン2メートルに。ピンチを迎えながらパーで切り抜け、タイに持ち込んだ。

 このプレーに現地実況席も「堅実なショットです。ここでターンすることを理解しています」「オーマイガー」「これはかなり満足なプレーでしょう」などと声が上がった。その様子をLPGA公式ツイッターも「ボールが見えない状況から打ってピンそばまで運んだ。アヤカ・フルエによる素晴らしいショット!」と称賛コメントを添え、動画付きで紹介した。

 決勝で敗れたものの、ジョディ・エワート(英国)との準々決勝では、22ホールの死闘の末に勝利を飾るなど、勝負所で強いメンタルを発揮した古江。米女子ツアー1年目での勝利はお預けとなったが、次週の今季海外メジャー第2戦・全米女子オープンに勢いをつけた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集