[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

6連勝でB1制覇、“4位”宇都宮がCSで変貌した理由 MVP比江島慎を覚醒させた4月の1敗

優勝が決まった瞬間、比江島慎は田臥勇太と抱き合い歓喜の涙【写真:B.LEAGUE】
優勝が決まった瞬間、比江島慎は田臥勇太と抱き合い歓喜の涙【写真:B.LEAGUE】

4月30日の千葉戦で悔しさを味わい「比江島慎が帰ってきた」

 ただしBリーグが開幕してから昨シーズンまでの5年間は、“悔しい顔”しか印象に残っていない。彼は毎年のように、王者の引き立て役に回っていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 Bリーグ初年度の2016-17シーズンはシーホース三河でプレーしていたが、準決勝で栃木ブレックス(当時)にオーバータイム(※正確には第3戦扱いのショートゲーム)で敗れた。残り30秒の時点で2点リードをする展開ながら、比江島が大詰めで2つのパスミスを喫し、逆転負けを喫する苦い展開だった。

 2017-18シーズンはB1のMVPを受賞し、2018-19シーズンはオーストラリアのNBLに挑戦した。しかし思うような活躍ができずに帰国し、2019年春に宇都宮へ加入している。2020-21シーズンの決勝は1勝2敗で千葉ジェッツに屈し、比江島自身のBリーグ初制覇がならなかった。

 その決勝の試合後の記者会見では、「今の自分に足りないもの」と問われて言葉に詰まり、安齋HCに助け舟を出される一幕もあった。

 2021-22シーズンも宇都宮の主力として、引き続き“いいプレー”は見せていた。今季の51試合に先発し、平均11.5得点、3.7アシストを記録している。それがこのCSは“凄いプレー”を連発していた。

 5月14日の準々決勝第1戦で大活躍を見せた彼は、こう口にしていた。

「去年の(決勝で千葉に)悔しい負けがあったので、そこの悔しさだけをぶつけた。千葉相手に勝てている試合は、しっかり自分のバスケットができて、チームに影響を与えられていた。自分らしいドライブ、3ポイントやアシストも入れながら、チームに影響を与えることができたので良かった」

 安齋HCはこんな言い回しで、比江島の活躍を称賛していた。

「いつの間にか、比江島慎が帰ってきた」

 指揮官は比江島が“帰ってきた”きっかけとして、レギュラーシーズン終盤に組まれていた4月30日(71-74)と5月1日(72-69)の千葉戦を挙げていた。

「2連戦の1試合目は0点でした。マコが出ていた時間はプラス18でしたし、オフェンスの起点はマコでしたけれど、決めきれなかったという本人のもどかしさがあって。その次の試合からアタックモードに入った。自分第一、セルフィッシュなくらいにやり出して、でもそれが僕らの望んでいる比江島慎だから。そこにやっときてくれたんだという感じです。元々やれるのは分かっていました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集