[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

20歳西郷真央、10戦5勝はツアー史上最速の快挙 通算5勝目も宮里藍に次ぐ史上2位の若さ

国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス最終日が22日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位から出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで優勝した。

ブリヂストンレディス、通算13アンダーで逃げ切り優勝した西郷真央【写真:Getty Images】
ブリヂストンレディス、通算13アンダーで逃げ切り優勝した西郷真央【写真:Getty Images】

ブリヂストンレディス最終日

 国内女子ゴルフツアーのブリヂストンレディス最終日が22日、千葉・袖ヶ浦CC袖ヶ浦C(6713ヤード、パー72)で行われた。首位から出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディー、1ボギーの69で回り、通算13アンダーで優勝した。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 これで西郷はツアー初優勝を飾った開幕戦のダイキンオーキッドレディスから出場10試合で早くも今季5勝目。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)によると、5勝達成に要した試合数は、2004年の不動裕理(11試合)を上回り、史上最速の快挙となった。また、通算でも5勝目となり、これは2004年の宮里藍(19歳127日=50試合)に次ぐ2位(20歳226日=60試合)の年少記録となった。

 この日は前半でスコアを1つ落として折り返し、稲見萌寧に逆転を許した。それでも、1つバーディーを奪って迎えた16番パー5で右ラフから第2打でウッドを強振。グリーン左バンカーに運ぶ攻めで、チップインイーグルを奪った。この時点で首位で4人が並ぶ大混戦から抜け出し、最終18番もバーディー締め。

 表彰式の優勝スピーチでは「今日は前半すごく苦しい展開が続きました。その中、ギャラリーの方から『今は耐え時だぞ』と声を掛けられました」と声援に感謝。「後半、耐えて耐えてやっと流れが向いてきて、イーグルを獲ることができました。最後まで頑張って良かったです」と話し、「これからも頑張ります。今日は本当にありがとうございました」とさらなる飛躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集