[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

圧巻「62」の松山英樹、最終18番イーグル締めに海外称賛「史上最高のパー5選手になる」

米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは15日(日本時間16日)、米テキサス州TPCクレイグランチ(7468ヤード、パー72)で最終日が行われた。松山英樹(LEXUS)が1イーグル、9バーディー、1ボギーの62で回り、通算24アンダー。首位に2打及ばなかったが、圧巻のプレーで3位となった。最終日の猛チャージには「素晴らしいフィニッシュ」「冗談のような話だ」と米記者たちからも称賛が送られている。

10番でショットを放つ松山英樹【写真:ロイター】
10番でショットを放つ松山英樹【写真:ロイター】

AT&Tバイロン・ネルソンは3位フィニッシュ

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは15日(日本時間16日)、米テキサス州TPCクレイグランチ(7468ヤード、パー72)で最終日が行われた。松山英樹(LEXUS)が1イーグル、9バーディー、1ボギーの62で回り、通算24アンダー。首位に2打及ばなかったが、圧巻のプレーで3位となった。最終日の猛チャージには「素晴らしいフィニッシュ」「冗談のような話だ」と米記者たちからも称賛が送られている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 前半だけで6つのバーディーを奪った松山。さらにスコアを伸ばして迎えた最終18番パー5では、圧巻のイーグル締めだ。残り232ヤードからの第2打、松山のボールはピンに向かって伸びていく。見事グリーンに着弾し、2オンに成功。しかもピンまで約1.8メートルというスーパーショットだ。どよめいたギャラリーからは拍手が送られた。

 中継では米国の実況席からも「Oh、Yes!」「なんというショットだ。マツヤマが魅せてくれました」と興奮の声が上がっていたが、ツイッター上の米記者からも称賛が送られていた。米紙「ダラス・モーニングニュース」のスコット・ベル記者は「マツヤマが18番パー5で6フィートまで近づけるセカンドショットを放った」と速報した。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アクションネットワーク」のゴルフ記者、ジェイソン・ソベル氏は「ヒデキ・マツヤマによる素晴らしいフィニッシュ。彼はマスターズ前に怪我で2度途中棄権し、タイトルを守りながら、オーガスタでも活躍した。しかしそれ以降はプレーしていなかった。それを頭に入れておいて欲しい」と、復帰戦で好スコアを叩き出したことを伝えていた。

 米放送局「NBC」のゴルフ番組「ゴルフパス」のシニアライター、ティム・ガーブリック氏は「ヒデキは史上最高のパー5選手になるだろう」とパー5での強さを称賛。この投稿に、英国のプロゴルファー、エディ・ペパレルも「パー5でフェアウェイウッドを使う選手でこれ以上の選手はいない。冗談のような話だ」と同調していた。次戦のメジャー大会・全米プロゴルフ選手権でも活躍が期待される。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集