[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、迎え撃つ王者陣営が打倒怪物に自信 「彼はイノウエを恐れていない」

プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。圧倒的井上有利が伝えられる中で、王者陣営は「ジェイミーは勝利を当然と感じている」と自信を見せている。米ボクシング専門誌「リング」が伝えている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

井上の挑戦を受けるマクドネルも断言「自分のやりたいようにできる自信がある」

 プロボクシングの前WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)は25日にWBA世界バンタム級タイトルマッチ(大田区総合体育館)で同級王者ジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。圧倒的井上有利が伝えられる中で、王者陣営は「ジェイミーは勝利を当然と感じている」と自信を見せている。米ボクシング専門誌「リング」が伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 23日は調印式、記者会見が行われた。決戦まであと2日。日本のみならず、世界のボクシングファンも井上の勝利を信じて疑わない状況だが、10年間無敗の王者は不気味さを漂わせている。

「ジェイミー・マクドネルは打倒“モンスター”に自信」

 こう見出しをつけて伝えているのは、伝統ある専門誌「リング」だった。

「もし誰かが映画内のCGで作られた怪物に対面したら、ギャラを払いすぎた役者かのように叫んで必死で走るのが普通の反応だろう」

 記事では、独特の表現で、“怪物”井上とマクドネルの対戦にフォーカスしている。

「ジェイミー・マクドネルはハリウッドのようにはしない。“モンスター”と呼ばれる無敵のパウンド・フォー・パウンドの星、ナオヤ・イノウエと対決する金曜の12ラウンドの試合は映画ではない。世界のボクシング界で最も恐れられるファイターの一人とのショーダウンのため、32歳の英国人は600マイルを旅し日本にやってきた」

 同誌が選出する最新の「パウンド・フォー・パウンド」で7位の井上。スーパーフライ級ではあまりの強さに対戦相手が見つからなかった。3階級制覇を目指してバンタム級に転向したが、そこでも井上の強さは轟いていた。各団体の王者たちがしり込みする中で、勇敢にもマクドネルは挑戦を受け入れたのだと伝えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集