[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹に米実況席も騙された スイングと“ギャップある一打”に「結果はお見事だ」

米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは13日(日本時間14日)、米テキサス州TPCクレイグランチ(7468ヤード、パー72)で2日目が行われ、松山英樹(LEXUS)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算11アンダーで首位と4打差の9位に浮上した。5番パー5では片手フォロースルーになりながらも、ピン奥4メートルにつける好ショットを披露。米ファンを「自分の悪いショットがこんないい結果になればなぁ」と苦笑いさせている。

松山英樹【写真:AP】
松山英樹【写真:AP】

AT&Tバイロン・ネルソン第2日

 米男子ゴルフのAT&Tバイロン・ネルソンは13日(日本時間14日)、米テキサス州TPCクレイグランチ(7468ヤード、パー72)で2日目が行われ、松山英樹(LEXUS)が6バーディー、ボギーなしの66で回り、通算11アンダーで首位と4打差の9位に浮上した。5番パー5では片手フォロースルーになりながらも、ピン奥4メートルにつける好ショットを披露。米ファンを「自分の悪いショットがこんないい結果になればなぁ」と苦笑いさせている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 実況席も騙された。575ヤードの5番パー5、ピンまで249ヤードからの2打目だった。松山はクラブを振り抜くと、フォロースルーで右手を離してしまった。普通ならミスショットで見られるスイング。松山はクラブのヘッドをしきりに気にしていたが、ボールはグリーンに着弾するとピン奥4メートルでストップ。米実況席も「上手く打てたのかどうか分かりませんが、結果はお見事です」とフォロースルーとのギャップに困惑模様だった。

 実際の映像をPGAツアー公式ツイッターが公開。文面に「250ヤードからの美打……だけど彼は気に食わなかった。ヒデキ最高だね」と記した投稿に、米ファンからは「自分の悪いショットがこんないい結果になればなぁ」「3~6メートルにつけたショットにヒデキが満足しないのは見慣れた光景」「もう我々をだませないと誰かがヒデキに教えないとね」「不朽の片手フォロースルーだ」とコメントが寄せられていた。

 首位と7打差の12位で出た松山は、5番を含め4つのバーディーを奪って折り返すと、後半にもスコアを2つ伸ばして首位と4打差9位に浮上。ムービングデーにも注目が集まる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集