[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、米実況席を唸らせた50cmベタピン打「簡単じゃない…ヒデキじゃない限りは」

米男子プロゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(米テキサス州TPCクレイグランチ、7468ヤード、パー72)第1日は12日(日本時間13日)、松山英樹(LEXUS)が1イーグル、4バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダー。7打差12位と上々発進を決めた。池越えの15番パー3ではピンそば50センチにピタリとつけるスーパーショットを披露。現地実況席を「ヒデキじゃない限り、簡単じゃない」と唸らせた。

通算5アンダーで12位と上々発進を決めた松山英樹【写真:AP】
通算5アンダーで12位と上々発進を決めた松山英樹【写真:AP】

AT&Tバイロン・ネルソンの池越え15番パー3でスーパーショット

 米男子プロゴルフのAT&Tバイロン・ネルソン(米テキサス州TPCクレイグランチ、7468ヤード、パー72)第1日は12日(日本時間13日)、松山英樹(LEXUS)が1イーグル、4バーディー、1ボギーの67で回り、通算5アンダー。7打差12位と上々発進を決めた。池越えの15番パー3ではピンそば50センチにピタリとつけるスーパーショットを披露。現地実況席を「ヒデキじゃない限り、簡単じゃない」と唸らせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 4月のマスターズ以来に帰ってきた松山が魅せた。10番から出ると、12番パー5でイーグル、14番パー4でバーディーを奪取。迎えた15番パー3だ。池越えの第1打をグリーン手前に落とし、ピンそば50センチにつけるスーパーショット。楽々バーディーを奪い、この時点で首位に並んだ。現地実況席は「ピンそばにつけるのは簡単なホールではありません……ヒデキじゃない限りは」と唸る一打だった。

 PGA公式インスタグラムは「ヒデキはダーツを投げるのをやめない」とショット精度の高さを称賛。コメント欄では「彼はカップに入らない限り満足しない」「一番好きなゴルファーだよ」「実況席が(松山のショットに)嫉妬してるみたいだ」「ヒデキにとっては簡単さ」「スゲー」「冗談だろ」と目の肥えた米ファンも驚いた。第1日を終え、首位と7打差12位と上々の位置につけた松山。楽しみな週末になりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集