[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“魔球”の被打率は驚異の「.023」 MLBも衝撃「TVゲーム並のスプリット」

大谷翔平、“魔球”の被打率は驚異の「.023」 MLBも衝撃「TVゲーム並のスプリット」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)を手にした。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた大谷の“急降下スプリット”にMLBは衝撃を受けているようだ。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

決め球に使ったスプリットを初めて打たれるも、被打率は驚異の.023

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)を手にした。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた大谷の“急降下スプリット”にMLBは衝撃を受けているようだ。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

「大谷翔平のスプリットが圧倒的なため、今や対戦打者は44球に対し1安打30三振」

 こうつづっているのは、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」だった。5回に先頭のスミスを90.3マイル(145キロ)の急激な落差のスプリットで三振に切って取ったシーンを紹介しつつ、MLBデータ解析システム「スタットキャスト」の担当記者、デービッド・アドラー氏のツイートを引用し、驚異のデータを紹介している。

 アドラー氏によると、大谷はこれまで、決め球に44球スプリットを使い、実に30個の三振を奪っていることを紹介。被安打はわずかに1だけだという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー