[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “不条理”なパンチをレフェリー直撃!? 実況席も大興奮「パンチオブザナイトだ!」

“不条理”なパンチをレフェリー直撃!? 実況席も大興奮「パンチオブザナイトだ!」

海外のボクシングで起きた衝撃的なアクシデントシーンが話題を集めている。19日(日本時間20日)にカナダ・トロントで行われたWBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ。王者アドニス・ステベンソン(カナダ)に同級1位バドゥ・ジャック(スウェーデン)が挑戦した一戦で、両者の間に割って入ったレフェリーが強烈な左フックを被弾。まさかのシーンを米放送局「ESPN」の公式インスタグラムが動画で公開している。

トロントで行われたWBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ【写真:Getty Images】
トロントで行われたWBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ【写真:Getty Images】

WBC世界ライトヘビー級タイトル戦、レフェリーが強烈な左フックを被弾するアクシデントが発生

 海外のボクシングで起きた衝撃的なアクシデントシーンが話題を集めている。19日(日本時間20日)にカナダ・トロントで行われたWBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ。王者アドニス・ステベンソン(カナダ)に同級1位バドゥ・ジャック(スウェーデン)が挑戦した一戦で、両者の間に割って入ったレフェリーが強烈な左フックを被弾。まさかのシーンを米放送局「ESPN」の公式インスタグラムが動画で公開している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 衝撃かつ、笑撃のシーンは最終12ラウンドだった。1分過ぎ。もみ合いになる両者を膠着状態になる前に引き離そうと、レフェリーが2人の間に割って入った。両者が離れかけたその瞬間だ。

 青のトランクスの挑戦者ジャックが、離れ際に放った左フックがレフェリーの顔面にクリーンヒットしたのだ。たまらずよろけるレフェリー。それでもすぐに立て直して、“仕事”に戻るのはさすがはプロだが、思わぬパンチを当ててしまったジャックは苦笑いを浮かべ、謝罪のような複雑な表情を浮かべていた。

 中継したESPNの実況席も、まさかのシーンに「見返してみましょう…(笑い)これはパンチオブザナイトだ!」と興奮しつつ思わず笑ってしまったが、目の当たりにしたファンも爆笑している。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー