[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

唸る166キロ右腕、伸びる3000回転超えの快速球に米衝撃「チートだ」「絶対打てない」

米大リーグ・カージナルスのライアン・ヘルスリー投手は、剛速球を武器に今季開幕から快投を続けている。1日(日本時間2日)のダイヤモンドバックス戦では、今季MLB最速となる103マイル(165.7キロ)を計測。凄まじい伸びのボールに米投球分析家が注目し、仰天した米ファンからも「絶対に打てない」「チートだ」と反響が集まっている。

カージナルスのライアン・ヘルスリー【写真:ロイター】
カージナルスのライアン・ヘルスリー【写真:ロイター】

カージナルスのヘルスリー、速球を武器に開幕から好投

 米大リーグ・カージナルスのライアン・ヘルスリー投手は、剛速球を武器に今季開幕から快投を続けている。1日(日本時間2日)のダイヤモンドバックス戦では、今季MLB最速となる103マイル(165.7キロ)を計測。凄まじい伸びのボールに米投球分析家が注目し、仰天した米ファンからも「絶対に打てない」「チートだ」と反響が集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 速い。8回から登板したヘルスリー。1死後、左打席のマルテを2球で追い込み、最後は渾身のストレート。内角にズバッと決まった剛球はなんと103マイルを計測し、空振り三振を奪った。9回まで2イニング6人をパーフェクト。うち4人を三振で仕留め、今季初セーブを記録した。

 開幕からこの試合まで7登板で8回1/3を投げ、許した安打はたった1本。防御率0.00、奪三振率17.28、被打率.038に加え、四死球を一つも与えないという快投を続けている。「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏は、ヘルスリーが投じた103マイルに注目。「今季のMLB最速の一球」と紹介した。

 またこの試合で投じた102マイルが、MLB運営のデータサイト「ベースボール・サーバント」によると3004回転/分を計測したことも伝えた。米ファンからは「打つのは不可能」「チートだ」「カージナルス史上最高のリリーフ投手になる」「ベン・ジョイスに触発されたか?」「絶対に打てない」などとコメントが集まっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集