[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、シカゴに現れた“古参ファン”を敵地記者が目撃「ファイターズ時代の…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の“マニアック”なユニホームを着用したファンを、米記者が敵地シカゴで発見した。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

敵地シカゴで発見された懐かしいユニホームとは

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の“マニアック”なユニホームを着用したファンを、米記者が敵地シカゴで発見した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 1日(日本時間2日)のホワイトソックス戦、エンゼルスはグレーのユニホームで戦った。客席にはチームカラーの赤色の応援姿で観戦するファンも見られたが、地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のブライアン・サンダロフ記者は、米国では馴染みの薄いユニホーム姿で観戦する男性ファンを発見した。

 男性ファンが着用していたのは、大谷が日本ハムに在籍していた2016年の限定ユニホーム。緑を基調とし、当時開業した北海道新幹線をイメージした鮮やかなデザインだ。背番号は現在の17とは違い、11となっている。サンダロフ記者は実際の画像を自身のツイッターに公開。文面では「北海道日本ハムファイターズ時代のもの」などと紹介した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集