[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米大学に現れた170キロ右腕、衝撃の一球に反響止まず「ドラフトの目玉」「炎の球だ」

4月30日(日本時間5月1日)に行われた米大学野球の試合で、テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、オーバーン大を相手に衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。「言葉が出ない」「狂気の沙汰」などと現地の野球ファンは驚きの声を上げていたが、米メディアも続々とこの剛速球をレポート。「ドラフトで魅力的な目玉になる」「炎の球を投げる21歳」などと伝えられている。

テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイス【写真:Getty Images】

テネシー大のベン・ジョイスが170キロを投じる

 4月30日(日本時間5月1日)に行われた米大学野球の試合で、テネシー大の21歳ベン・ジョイスが、オーバーン大を相手に衝撃の105.5マイル(約169.7キロ)を計測した。「言葉が出ない」「狂気の沙汰」などと現地の野球ファンは驚きの声を上げていたが、米メディアも続々とこの剛速球をレポート。「ドラフトで魅力的な目玉になる」「炎の球を投げる21歳」などと伝えられている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 球場内がざわついた。6回から2番手で登板したジョイス。7回2死から9番のコール・フォスターへ投じた初球だ。外角へのボール球は、なんと105.5マイルを計測した。米スポーツ専門紙「スポーツ・イラストレイテッド」によると、2010年にアロルディス・チャップマン(当時レッズ)が投じた105.8マイル(約170.3キロ)に次ぎ、2番目に速いボールだったという。

 4イニングを被安打1の無失点、6奪三振と好投し、チームを5-3の勝利に導いた右腕。剛速球の映像がSNSで話題となり、米メディアも続々と報道した。米紙「ニューヨークポスト」は「球場に記録を破った球速が表示されると、観客席からは息をのむような音が聞こえた」と現地の雰囲気を伝え、「今季の防御率は0.86になり、21回で38個の三振を奪っている」と驚異的な成績も付け加えた。

 米テネシー州地元紙「ノックスビル・ニュース・センチネル」は右翼からジョイスの快投を見守ったジョーダン・ベックのコメントを掲載。「私は外野の守備位置から、ただ畏敬の念を抱いていた」「彼とはチームメイトなので対戦しないから嬉しい」などと話していたという。

 米マサチューセッツ州地元放送局「ニューイングランド・スポーツ・ネットワーク」もジョイスを「炎の球を投げる21歳」と表現し、「195.5センチの身長が未だ成長しているように、記録を作る時間も残されているだろう」とジョイスがまだ成長過程にいることを強調。「ジョイスは2022年のMLBドラフトで魅力的な目玉になると言って問題はない」と記して、7月に行われるドラフト会議に目を向けていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集