[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武、3日から源田壮亮&金子侑司の「ねこげんピザ」など選手グルメ3種類を新発売

プロ野球・西武は5月3日のロッテ戦(ベルーナD)から、源田壮亮内野手と金子侑司外野手が初めて2人一緒にプロデュースしたグルメと、栗山巧外野手、中村剛也内野手がそれぞれプロデュースしたグルメの計3種類の選手プロデュースグルメを販売すると発表した。

ねこげんピザを手に持つ西武の金子(左)と源田【写真:球団提供】
ねこげんピザを手に持つ西武の金子(左)と源田【写真:球団提供】

栗山は埼玉野菜の中華丼、中村は豚天丼

 プロ野球・西武は5月3日のロッテ戦(ベルーナD)から、源田壮亮内野手と金子侑司外野手が初めて2人一緒にプロデュースしたグルメと、栗山巧外野手、中村剛也内野手がそれぞれプロデュースしたグルメの計3種類の選手プロデュースグルメを販売すると発表した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西武ファンには“ねこげん”の愛称で親しまれている源田と金子の「ねこげんピザ(マルゲリータ)」は、ライトスタンド後方の「クラフトビアーズ オブ トレインパーク」で販売しているフラッグピザを、ハーフ&ハーフでそれぞれが具材や味付けをプロデュースした。

 ピザのベースは2人が口をそろえて「一番好き」と話すマルゲリータに決定。源田は好物の照り焼きチキンをトッピングし、金子は出身の京都にちなんだ京揚げ(油揚げ)に、黒七味を選んだ。「こどもでも食べられるように」という金子の一言から、黒七味は別添えにしている。

「栗山巧の埼玉野菜の中華丼」は、ライオンズ一筋21年目の獅子の屋台骨の「埼玉に愛着があるので野菜はすべて埼玉県産にしたい」という“地元愛”で、使用する野菜はすべて埼玉県産のものを使用。「中華丼は野菜と餡の相性が大事」というこだわりから、定番で外れのないシャンタンスープに醤油を効かせた餡で味をまとめた。

「中村剛也の豚天丼」は「僕がプロデュースするならこのお店でしょ!」とベルーナドーム1塁側にある「天ぷら なかむら」で販売することが決定。豚肉を天ぷらした中村らしい豪快な一皿だが、サクッとした食感を出すために薄切りの豚肉を使用。たれは重すぎないように味噌ポン酢を使用した大満足の1杯に仕上げている。

 それぞれの商品には、購入特典として「選手プロデュースグルメ特製選手カード(非売品)」がそれぞれ1枚ずつ付く。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集